FC2ブログ

ノート

2013.05.23 23:53|過去のお話
≪1ヶ月間、処方箋を守りブログを更新生活19日目≫


今日はどうしてもODがしたくてね。
空のカプセルを買ってきては、一つ一つカプセルを開けて、中にハチミツを入れました。
別に飲み込んだら味なんてしないけど、何だかハチミツな気分で。


50錠くらいヒィコラと作って、完成し、ティッシュの上のカプセルの山の前で恍惚の表情の私。
さぁ飲むぞってグレープフルーツジュースを用意したら、たまたま来ていた兄に止められました。


「何してんだよ」


『いや…えーっと…』


「それ何?」


『えーっと…ハチミツ?』


「バカなことしてんなよマジで」


『……ごめんなさい』


何も言い返せませんでした。ホントにバカなことしてる。
あるぐさんのお兄ちゃんは、あるぐさん好みの眼鏡男子で、身長は高め。
色白で、スポーツはやや苦手という理系のインテリです。
正直、面倒臭いのに見つかったなと思いました。
お兄ちゃんはいつも理論的で、バカなあるぐさんは論破されまくりです。


「天気良いし外に出よや」


『やだよ…お日様で溶ける…』


「良いから行くぞ」


そう言って、お兄ちゃんは私の腕を強引に引っ張って、玄関のドアを開けました。
足が縺れそうになりながらも、私はお兄ちゃんに連れられてマンションの階段を下りました。


陽射しが眩しかったです。


『お兄ちゃん…私、日焼け止め塗ってないから帰りたいんですけど…』


「ダメ。帰ったらまたバカなことするから」


『…バカバカ言わないで下さい』


手は繋いだままでした。
兄妹で手を繋ぐのってどうなのかなとちょっと思いました。
でもあるぐさんは頭が腐っている上にブラコンなので、まいっかと思いました。


『ところでお兄ちゃん、なんで帰ってきたの?』


「んー?なんかあるぐが調子悪いって聞いたから様子見に来た」


『あぁそう…』


しばらくマンションの下の花壇を見ながらボーッと二人で突っ立っていました。
すると陽射しはどんどん強くなってきて、視界はどんどん黄色から白へ。
脳と心臓が握手して、前頭葉が振動しました。
ダメだ、倒れる、そう思ってお兄ちゃんの手を強く握りました。


気付いたら、


私はお布団に包まっていました。


ええ、そうです。



夢です。



兄なんていねぇ。
あるぐさんは二人姉妹の妹です。
でも昔から"お兄ちゃん"が欲しくて堪りませんでした。
フツメンで、背が高くて、頭が良くて、眼鏡かけてて、「バカなことしてんなよ」って言ってくれるお兄ちゃん。
フツメンなのがポイントです。
あるぐさんはイケメンを目の前にすると、遺伝子レベルで負けた気になるから。
あと、妹が私である以上、イケメン設定は無理があるから。


お兄ちゃんはいつも私のリストカットを容認してくれます。
でも時たまに「1週間我慢したらドライブに連れてってやるよ」とか言います。
私はそれが嬉しくて、本気で我慢とかしちゃいます。
ってここまで設定を考えている自分に今ちょっと引いた。
そして我ながらこの夢を見た時は、末期だなと思いました。


【昨夜のお薬】


ロヒプノール、ソラナックス、レボトミン、各2錠。

ベゲタミンA、ロゼレム、各1錠。


昨夜は友人と電話をしていて、気付いたら早朝5時前とかでした。
久々にスニらずに眠りました。
この「処方箋を守る生活」に入ってから初じゃないかな。
まぁ単純に通話中で片手が塞がっていたので、お薬を砕けなかっただけなのですが。


電話では"親"との接し方について少しお話しました。
まぁあるぐさんの場合、"親"とは奥さん(母)のことになります。


私、小学校何年生だったかなぁ。
中学年くらいですかね。
机に向かってノートにあることを書き書きしていたのです。


その名も「親に言って良い言葉・悪い言葉ノート」。


例えば仕事から帰ってきた奥さんに『お疲れ様』は言ってはいけません。
「ほんと疲れたわー」って返ってくるから。
これが当時のあるぐさんには凄く辛かった。
"疲れさせている"と言うのが辛かった。
私はまだ10歳かそこらで、お金を稼ぐなんて出来なかったから。
だからこの場合、単純に『おかえりなさい』が正解です。


当時の奥さんの帰宅時間は大体23~0時頃でした。
正直一人きりと言うのは寂しかったです。
でも『寂しい』は言ってはいけませんでした。
一度言ってしまって、悲しい顔で「ごめんね」と返ってきたから。
これもまた辛かった。
"悲しい思いをさせた"というのが当時の私には凄いダメージでした。
なのでこの場合は『何も言わない』が正解です。


とまぁ、こんな些細な語録を日々、書き書きしてました。
昔から暇人よな。ホント。


当時はまだ父親もいたので、「お父さんに好かれよう計画ノート」もあった。
これはそのまんま、父親にどうやったら好かれるかを考えたノートです。
内容は知れています。小学生の脳みそだし。
"父親の趣味の音楽を聴く"とか、"父親がTV鑑賞中は物音を立ててはいけない"とかそんなの。
でもまぁこの計画は3年くらい粘ったけど、成功しなかったです。


とにかく私は"親"という者の前では何を言ったら良くて、何を言ったらダメなのか、そればかり考えていました。
これは今でも変わりません。日々、試行錯誤。
でも一般的にはそうゆうのって皆考えないんだって。
勿論言って良いことと悪いことの境界線はあるのだろうけど。


例えばさ、今日奥さんがソファで「あードーナツ食べたいなぁ」と言ったのだけど、私は返事が出来ませんでした。


『買ってこようか?』が正解なのか、「食べたいね」が正解なのか、『私はダイエット中だから』が正解なのかが分からなくて。
うん、それから10時間経った今でも分からん。


でももっと自然で良いと友人に言われました。
まぁその"自然"が分からんのだが。


でも今後は奥さんとの生活が長くなりそうなので、ちょっと改善していかねばならないなぁと思いました。


って書いていて色々と思い出してしまって鬱だわ。
なんぞこれ。バカか私は。
しかし私の記憶は何故全て黄色いのか。
青春時代とか言うけども、どう振り返っても黄春時代です。
青さなんてないぞ。真っ黄色だぞ。


今日は13時頃にエビリファイ24mg、16時頃にソラナックス2錠でした。


寝よ。


↓参加中です。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

優しすぎる位にやさスゥィート☆

な方なのですね(^-^)☆あるぐさん☆

ご無沙汰しております、覚えて頂けていれば幸いです。
引き続きずっと欠かさずに読ませていただいていたものの、
結婚しまして→
離島(嫁ぎ先)に移住しまして→
離婚を真剣に考えておりまして→
なうなう

な時間旅行をしておりました。

結婚して1ヶ月にもなりませんが
拒絶反応があと3日もすればスキップしながら花の子ルンルンです、
きっと(T_T)

地元に帰りてーーー!!!

離島ハンパねーーー!!!

馴染めねーーー!!!




ぼくは親が苦手です、、
きらいではないけど全部親の言うとうりじゃないと怒られたりしてたからいまでも自分の気持ちは言えません。

なんか変なコメントですいません( ;´Д`)

こんちゃすあるぐちゃん

両親対策ノート…せ、せつない!この少女、せつなすぎんぞーっ!<(`^´)>
なんなんでしょーね~。。。
親の機嫌をこうまで伺っちゃうって。。。(p_-)ウルル
オイラ自身こうゆーのはないんすけど、そうすね、今現在オイラがマスオさんやってて顕著に感じたのが「友達、恋人よりもどんだけ腐っても親子間の血ってゆーのは濃い」ってやつすね~傍からみてて。

すべてがそうではないでしょうけど。。。
(-_-)ナンヤネン!

…にしてもっ!
ブラコン!
わかるわ~~~、なんせ男系家庭で育った身ですんで、欲しかったーーー妹!および、娘!
しかもツンデレ!(知るかっ!)

ああ神様、どうしてこんな試練をボクに与えなさるう~。<(`^´)> (いってろ)

とゆーことで
夢くらいいい夢みたいものだと思うのであった。。
(*^。^*)じゃ

ともさんへ。

わぁ。お久し振りです。ともさん。

覚えてますよー!
「明日は明るい日と書くの!」のともさんですよね!

なんと、ご結婚されましたか。
そして離島でございますかぁ。

とりあえず、おめでとう♡

で良いのかな?w

まぁ、結婚のスペシャリストのあるぐさんがあえて言います。

離婚も楽しいよ(^^)

ふふふ。

kさんへ。

kさんも親が苦手ですか。

本音とか言えないですよね。

私もです。言ったら家庭崩壊する。

ってもうしてるけど。

どんなコメントでも大丈夫!
だから謝らないでね!

たけぴろ兄さんへ。

こんばんは兄さん。

兄さんマスオさんだったんだw
アナゴさんは元気?

ブラコン分かりますか!
そうなの!兄妹欲しいよねー!
ツンデレ設定ね!それ妹の基本よね!

兄さん今からでも遅くない!
娘の一人や二人!兄さんならいける!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます、あるぐさん

私はそのようなノートをもってましたよ。
前夫をいかに怒らせないように日々すごすのがよいかを研究してました。
そしてどのようにすれば相手にしてもらえるのかも同時に研究してました。

結果、無意味でした。
まえのひとのコメントにもありましたが離婚もまあ、いいもんですよ。
うふふ

まいこさんへ。

こんにちはまいこさん。

まいこさんもノート持っていましたか。
もしかしたらメンヘラは皆持っているのか。

そうなんです。
結局は相手にしてもらいたいってのが根底にあったのだと思います。

離婚良いよねー♡うふふー♡

ってまいこさんは新婚なんだから、今度こそ幸せになってくださいよ!

ノートはないけど

小さい頃から父親が母親を常に罵倒してて、母親からその愚痴を聞くのが私の家庭での役目でした。

ノートはなかったけれど、こういう時はこうご機嫌を取らなくてはいけないと親の顔色を常に伺う子供になってしまいました。

でも現在父親とは喧嘩中♪
たまに買い物行くか? とか言うけど、無視。

てかこないだ話し合いで父親が別居することで合意したのに、いつ出て行ってくれるの? 荷物まとめる気配なーい。

多分父親が出て行ったら私含め、母、兄と全員喜ぶかなと。
父親が機嫌悪いときは愛犬ですら私のところに逃げてくるし。

美波ゆりこさんへ。

母親からの愚痴を聞くのは辛いですよね。
なんだろう、あの感覚。
親は子に愚痴っちゃダメだと思うのです。私は。

あと溜め息。これも嫌いです。私は。

パパンと喧嘩中なのかみなゆりさん。
別居万歳だね\(^o^)/
でも気をつけた方が良いのが、別居し出すと母親は急に「女」の一面とか見せてくるから。
そこだけ注意ですぞ!
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR