FC2ブログ

おぷしょん

2014.04.18 23:14|日々の出来事
私の古くからの友人で、個人で音楽レーベルをしている友人がいます。

私が去年、Twitterを始めた事を知ると、「フォローするわー」とサクッとフォローされました。

でもイマイチ、Twitterというモノの仕組みを理解していなかった当時の私はそのままTwitterを放置。
友人から「はよ呟け」と急かされるも、そのまま放置していました。



が、それから半年くらいでしょうか。
あれよあれよとしているうちに、気が付けば爆走拠点になってしまったあるぐさんのTwitter。



【最近のあるぐさんのツイート】


『海水浴場に12万で売られて高校のトイレに連れ込まれて手袋の中で勝手に車同士が衝突しまくって人がどんどん死んだだけなのに殺人犯扱いされて自転車で夕焼け沿いを暴走する』



と、本当に暴走というか迷走しています。
でも私の数少ない友人であるフォロアーさん達(4人)はこんなのが流れて来ても全然平気です。
皆、余裕でスルーっす。誰も相手にしてくれないっす。


「ああ。あるぐの奴、またおかしくなってんな」って程度です。


なのでお構いなしに一人で延々と呟いていたのですよね。



んで、最近ね。
私の職場に何だかアーティストちっくな人達がチラホラと来るようになったのですよね。
チラホラと言っても3組くらいなのですけれど。
髪の毛が真っ赤だったり真っ青だったりと、「バンドやってんぜー!」or「パンクだぜー!」みたいな人達。
そして特に何かを買う訳でもなく、商品を見る訳でもなく、本当に冷やかしで帰るのですよ。


でもまぁ今の私の勤め先はとても大きな繁華街ですし、そんなモノかなとも思いつつお仕事をしていたある日。


夕方頃に、金髪の男とキャップを被った男の二人組がご来店です。


金髪の方はもう金髪というよりほぼ白髪だったのですが、まぁ私と同じ20代ですかね。
そこまで髪の色を抜いたら髪の毛ギッシギシになるだろうなぁと思いながら私は『いらっしゃいませ~^^』です。


すると白髪が言う。



「あのー」


『あ、はい?』


「違ってたらすみません」


『え、あ、はい…?』


「あるぐさんですよね?」


『え?あ、そうですけど…?』


「Twitter見てます!」





『お客様、ちょっと外に出ましょうか』




もう分かったわ。一瞬で分かったわ。
なので私は素早くその二人組を外へ連れ出しました。
そしてお店の前で話を聞くと、予想通り冒頭で書いた音楽レーベルをやっている友人関連の人間でございました。
少し前からチラホラと来ていたアーティストちっくな輩たちも皆その繋がりでした。


経緯を説明しますと、


○○(友人)がフォローしている人の中で変なツイートばかりしている奴がいるという話になる。

周りの輩さま達が○○に「このあるぐって子は何?」と問う。

優しい○○が「あぁ。ちょっと頭がアレなだけ」と答える。

一部の輩さま達が興味を示し「この子、何してる子?」的な流れになる。

優しい○○が「あぁ。××で働いてるよ」と口を滑らす。

その結果、興味本位で見に来る輩さま達が登場。←イマココ!



続けて白髪は言う。



「あるぐさんのTwitter飛んでますねw」


『あ、どうも…』


「でもあれですねー」


『はい…?』


「実物は地味ですねw」




知ってるよ!!!!




「マスクをしてるのはもしかして顔にも傷とかあるんですか?」




あるかバーカ!!!!




「これからも楽しみにしてますから!」




うるせぇよ!!!!!




「じゃ、お仕事頑張って下さいね^^」




ってかお前ら誰だよ!!!!




「また来ます^^」




キャップの方、一言くらい話せよ!!!!!




という訳で、その日の内にあるぐさんは、たった4人しかいないフォロアーをこれまた素早く全員ブロックにしました。



あーぁ。



友人にクレームを入れると、「ごめんごめんwこれからは鍵を掛けときw」と言われました。


Twitterという代物は鍵というモノを掛けると、自分のフォロアーさん以外には呟きが見れないように出来るそうです。


が、現在フォロアー0な私はさ、鍵を掛けちゃうとさ。
ホラ、やっぱりさ、何ていうの?
呟いても呟いても誰にも見られていないと思うとさ?


それはそれで寂しいじゃん…?


というメンヘラーなら誰しもが持っている承認欲求的なものがね。
やっぱりあるのでね。


かと言って、見られてるんだ!と思うとそれはそれで、え…って感じでしてね。
とても難しいお年頃なのでございます。


なので最近のツイートは自重気味です。
勝手に自主規制的なラインを決めて呟いています。



そんな日々。



そういえば04月10日の記事で、私の身体は30代に近付いているというのに、頭の中身が小1レベルであることが彼氏さんにバレたというお話を書きました。
その時に頂いた拍手コメントでこんなのがありました。




「あるぐさんは合法ロリだった!?」





でかした!!!




合法ロリ!なんて素晴らしい響きでしょうか!

合法ロリ!なんて魅力的な言葉でしょうか!!


これぞ言葉の魔法!


頭が空っぽのアラサーBBAも、この一言で何だか可愛く見えますぞ!!


と、「合法ロリ」とのお言葉を頂き、私はとっても褒められた気がして、ルンルンで彼氏さんにお伝えしました。




『彼氏さん!私は合法ロリなんだよ!』


「どしたん?急に」


『私は確かにバカで歳だけど、合法ロリって褒めて(?)くれる人がいたんだ!』


「あー。じゃあその人にさ」


『うん!?』





「あげるって言っといて」





その晩、あるぐさんの枕はグシャグシャに潤いました。



今夜は泣かずに眠るもんね!



それじゃあ皆さま!おさしみやさい!!



P.S 拍手コメントを下さるPさん、Cさん、いつも有難う。

そしてJさん。初めましてだね。嬉しいな。有難う。



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やばいですねん。

あるぐさん、こんにちは。
Twitterで面が割れるって、どんだけ〜〜〜って感じですねん。
お友達、お勤め先言っちゃダメっしょ。苦笑。
それにしても、あるぐさんの周りはいっつもなにか珍しい(面白い・・・すんません)ことが起こりますねん。
あるぐさんが呼び寄せてしまわれるのでしょうか・・・
そうそう。
あるぐさん、FC2ブログランキング第一位おめでとうございまする。
すごいですねぇ〜〜〜いいなぁ〜〜〜一位・・・笑。
私もポチポチ押しておきますねん。笑。

鍵コメKさんへ。

おはようございます。鍵コメKさん。
コメントありがとうございます!

って、自傷!?ええ!?

ちょっと待って下さい。
大坂とか行っている場合じゃないです。マジで。

真面目に病院に行きましょう。
カウンセリングでも良いしとにかく行きましょう。
癖になると抜け出せないよ。(経験者は語る)

鍵コメMさんへ。

わぁ。また来て下さいましたか!
おはようございます。鍵コメMさん。
コメントありがとうございます^^

Mさんお姉様だった!
今回もお褒めのお言葉、嬉しく食べています。美味しい。
でも私のエッセイなんて誰得なんですか…。
少なくとも私は買いませんw

いやはや、本当にパンダになった気分でした。私。
Twitterとは恐ろしいものです…。

私のことなんて知る価値無しも良いところですぞ!
でもまたこうやって読みに来て頂いて、コメントを下さっただけで感無量でございます。

ありがとうお姉様!

マリンだモンさんへ。

マリンさんおはおはにんにん♡
コメントありがとうございまする。

いやはや、まさか面が割れるとはねぇ。
やばいですねん。やばいですねーん!
友人は花見の席で酔っ払って口を滑らしたそうです。
もう吊るしたい。

ですよね…。何故、私の周りはこうも珍事件みたいな出来事が次々と勃発するのでしょうか…。
目指せ平凡を掲げて生活しているのに!

って、ええ?
FC2ブログランキング一位になってる?
ってことで今見てきましたが、ホントだ…。
なんか恐縮ですね…これは…。

マリンさんポチポチしてくれてたんだw
ありがとうです✪きっと押してるのマリンさんだけですよ^^
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR