FC2ブログ

泡沫

2014.04.10 16:08|リストカット
私の身長は162cmなのですが、先ほど何の気なしに、Google先生に『162cm』と話し掛けてみました。
するとGoogle先生は私以上にお暇だったのか、すぐさま勝手に"162cm 体重"という項目を提示してきましたので、また何の気なしにクリックしました。

トップに出てきたサイトを開くと以下のことが書いてありました。


162cmの標準体重は57.7kg

162cmの理想体重は55.1kg

162cmの美容体重は52.5kg

162cmのモデル体重は49.9kg


だそうです。


現在のあるぐさんの体重は上記に書いてあるどの体重よりも下回っていますので、『うっは。モデル体重キタコレ!』とちょっとテンションが上がったのですが、



大事なのは顔面。



ということをすぐさま悟り、上がったテンションは無事に着地しました。



という訳でこんにちは。あるぐでっす。



4月から消費税が8%になるということで、様々な会社がてんてこ舞いだったそうですが、私は別の意味でてんてこ舞いでした。
剥いだ皮膚を張った太鼓を肩から吊るして、人骨のばちで叩き鳴らし歩いていました。
うん。勿論、満月の夜にね。


って懐かしいな。ゲイン。


今の職場に採用され1年が過ぎ、ようやくお店の商品の値段を3割程度は覚えたというのに、いきなりの全商品の価格変更っすよ。
そして噂でしか知らないけれど、次は消費税が10%になるのですよね?
ってことはまた価格変更になるのですよね?
ボクちゃんもう商品価格を覚えるのを放棄しちゃいそう。


前回の記事で書いた奥さん(母)の容態ですが、今はすっかりお元気になられました。
現在も自室で衣替えを頑張ってしていらっしゃいます。
心配して下さった方々、有難うございました。


奥さんが元気になると、我が家にも平穏が訪れ出しました。



と思っていたら、



あるぐさんが不穏に包まれ出しました。



これは勿論、奥さんの体調のことも関係していたのですが、大部分を占めているのはもう一人のあるぐさんの存在です。
近頃は専らスマホのメモ帳を使って彼と会話をしていたのですが、4月5日の記録を最後に音信不通になりました。
どれだけ呼び掛けても反応なしです。
何を書いても返事なしです。
お仕事だったある日、出勤前に震えが止まらなくて、ひたすらに助けを求めてもスルーでした。


そうして精神状態ガッタガタで仕事を終え、帰宅した日の夜、たった3日間ですが蓄積された"孤立"に耐えられなくなり、アムカを行ってから久々のレグカコースになりました。
太ももや足首は、以前からたまーに切る癖があったのですが、基本的に痛いのでしません。
足首はともかく太ももは痛いんだよ。どうゆう訳か知らないけれど敏感なんだよ。


でもこの日に限ってはそんな事もお構いなしだったようで、浴室にてカッティングパーティ(参加者1名)が開催されました。
あまり記憶に残っていないのですが、浴槽の縁に血の手形がついていたのを覚えています。


そして翌朝はびっくりですよ。



脛が大豊作。



脛とは皆さんご存知の通り、脚の膝から踝までの部分のことです。
そこに雑な切り傷がいっぱいついていました。
こんなところ今までの人生で一度も切ったことないよ。
弁慶の泣き所とやらを容赦なく切っていたよ。弁慶も号泣して嗚咽するよ。


傷を数えたところ、脛は26箇所。太もももは18箇所でした。
家では常にホットパンツで生息しているあるぐさんも、さすがに長ズボンとやらを履かずにはいられない事態になりました。
こんなのを奥さんに見られて、尚且つ奥さんに対する当て付けだと思われた日にゃあ、私は吊っちゃいます。首を。


これが最近の出来事です。



んで。



少し話は戻りますが、3月末のこと。
奥さんの体調不良は3月末からでして、私は完全に病み期に陥り、異動したばかりの職場でもあっさりとアムカデビューしちゃう日を送りつつも、この日は彼氏さんとSkypeでビデオ通話をしました。
といっても私には自室がないので、キッチンの隅っこでしていました。
しかもビデオ通話にしながら、会話はチャットで行うというとても不思議な構図です。
だって家ではほぼ無言な私が、彼氏さんの前では尻尾を振って話しているところなんて、奥さんに聞かれたくないじゃないですか。
でも顔は見たいじゃないですか。なんて書くと恥ずかしいじゃないですか。
そんな訳でPCでSkypeを立ち上げて、彼氏さんとのチャットスタートです。



【本日の茶室タイトル】

~仕事の人事面談について~



相変わらず固いです。キャッキャウフフ要素が丸でないです。
4月にあるぐさんの仕事の契約更新が行われることに伴い、人事面談を控えていたのですよね。
そして面談前には本社から配布されたプリントに書かれている様々な項目を見ながら自己評価をし、5段階評価で点数をつけて提出しなければいけなかったのです。


それを彼氏さんが確認するから見せなさいと。

そんな訳で彼氏さんに自己採点評価表を提出しました。




「うん。一通り見た感じでは殆どの自己採点評価が2になっているけど理由は?」


『え』


「え じゃなくて、理由は?」


『えーっと、全く出来ていない訳ではないけど、標準である3にまでは達していないので2ですかね…?』


「その根拠は?」


『え』


「え じゃなくて根拠は?」


『何となく…?』




「ちょっと待て」




『はぃ…』


「1個ずついこか」


『はぃ…』


「まず"部下育成能力"の項目に関しては1になっているけど、これは何で?」


『え、だって育成なんて全く知らないぞ』


「君、今の職場で一番下なの?」


『先月に新人が入りました』


「それで全く知らないぞ?」


『………』


「まず新人育成に書かれている評価項目について理解は出来てるの?」


『えっと…項目に書かれている"OJT"ってなんですか…』


「うん。評価記入を終えたにもかかわらず、分からない単語を調べていない理由を簡潔に教えて」




『ラリってました…』




「」


『すんません…』


「OJTはオンザジョブトレーニングな。意味分かる?」


『分かっている顔に見えるのか』


「」


『すんません…』


「今すぐ調べなさい」


『はぃ…』


「あとコスト削減や原価に対する意識の項目も1になってるけど、何で?」


『出来てないからです』


「うん。何をもって出来てないのかを面談では絶対に聞かれるから回答の準備して」


『えっと…ラッピングなどの失敗を繰り返して、資材を無駄に使ってるからです』


「ラッピング一つの原価っていくら?」




『原価って何ですか?』




「ちょっと待て」




『いや、大体は分かるよ!雰囲気は分かるんだ!』


「待て待て。ラッピングの原価がわからんのか、原価その物の意味がわからんのかどっち」


『後者です…』


「」



そこから怒涛の「原価」と呼ばれるモノについての説明が彼氏さんから入りました。
彼氏さんは根気よく、時間をかけ、時にはgoo辞書まで用いて、私に「原価」というものを教えてくれました。
そうして私が「原価」というものが何かを理解出来た上で、コスト削減に対する意識とはという話に移り行きました。


その後、あるぐさんは「売値-原価=利益」という方程式をようやく知ることになります。


が、方程式を知ったあるぐさんですが、今度は計算というものが出来ないことが彼氏さんに露呈。
数学どころか、算数すら危うく、というか完全にデンジャーな域であることがバレました。
それでも彼氏さんは、諦めず、悪戦苦闘しながらも様々な例題を上げて私に色々と教えてくれました。
ところが彼氏さんの上げてくれたどの例題も、完全未発達な脳を持つ私には敵わず、ついには、



「えっとな。りんごが1個400円で売っていたとしよう」


『はい』


「それを売る人の人件費が430円な」


『はい』


「お店は黒字?赤字?」


『赤字かな…?』


「正解」


『おお!』



「おお!じゃねーよww」




という「小学1年生のやさしいさんすう✿」レベルにまで会話は下落しました。



『ふえええ。難しい』


「いやいやいや、これ小1のレベルやぞ」


『義務教育を受けていないとこうなるんだ』


「彼女が小1とかマジ勘弁なんですけど」


『ロリ気分も味わえてお得だね^^』


「彼氏やめていいですかw」


『やめたくなりましたか…』


「算数ドリルやって。真面目に」


『はぃ…』


「笑い事じゃないわこれ」


『自覚ありです…』


「ちゃんとしないとこれから数値関係なにもついて行けなくなるよ」


『ですよね…。何で今の職場に採用されたのか本気で分からないです…』


「そりゃ人事も算数が出来ないとは思わないだろw」


『高卒設定ですしね^^』(※あるぐさんは小卒です)




という訳で、彼氏さんと行った私の自己評価表の見直しは、早朝4時まで掛かりました。
そしてその時間の大半が「さんすう」に使われ、最後には彼氏さんに「君の歳で算数が出来ないとかホラーだわ」と言われ、あるぐさんは致命傷を負い、「おバカで可愛いのは20代前半まで」との言葉で私の身体は木っ端微塵になりました。
が、その可愛くないバカホラーが自分の彼女であるというスプラッタ加減に、彼氏さんはまだ気付いていないようでした。



それにしてもこの傷満載な脚、どうしようかなぁ。
新手のタトゥータイツ並にイカしているのですが、癖にならないように気をつけます。


そしてもう一人のあるぐさんがいないことに非常にテンパっていた私ですが、先日2度目の診察だった新しい主治医に言われた、「絶対に彼はいるから大丈夫」という言葉に意外と救われました。
何をもってそんなことを言い切れるのかは知らないですが、少し楽になりました。
あと主治医は今まで切ったことのない脛を切ったということをとても気にしているようでした。
でもまぁとりあえず今日に関してはこうやってブログを更新する気力があるという訳ですし、このままフラットに過ごしたいです。



それにしてもチャットで「彼氏やめていいですかw」と発言していた彼氏さん。
草を生やして冗談っぽく言っていた彼氏さん。




でも目がマジでした。




それでは皆さんごきげんよう。



んじゃにん✪



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これだけは言える

あるぐちゃんは頭いいと思うよ。
でないとこんな面白い文章書けないし、たまたま計算だけが苦手なんだと思う。

結構得意、不得意の差はあるものだから、それがたまたま激しかっただけだよー。

今度彼氏さんとお話するときはできるものはできると主張して、そして仕事についてはとことん甘えても大丈夫そうな懐あるよね!

素敵~(//∇//)

美波ゆりこさんへ。

わぁい。みなゆりさーん。

擁護コメありがとですw

そ、そうだよね!?
たまたま計算が出来ないだけで、
たまたま記憶が吹っ飛ぶだけで、
たまたまアムカとかレグカとかしちゃうだけで、
たまたま生きるのが苦手なだけだよね!!?

うん!今度彼氏さんとお話する時は西洋の拷問史の話とかする!
出来ることは出来ると主張する!

そうだねぇ。彼氏さんは頼りになるねぇ。
素敵な方ですよ^^

いいなぁ・・・

あるぐさん、こんばんは。
今は調子よさげでよかったですん。
あるぐさん、痩せてていいなぁ〜〜〜。
モデル体型!!!
憧れるん。
彼氏さん、厳しいお方ですねん。
でも、素直に意見聞いてるあるぐさん、素直で可愛い〜〜ん。
しかしスカイプなのに会話はチャットって・・・面白かったです。
顔は見たいのねん。笑。
顔を見ながらチャットって、気分違いますもんね。
私も、あるぐさんは頭いいと思いまする。
こんな面白くて記憶力の要る詳細な文章は私には書けないですモン。
賢いと思いまするん。
きっとあるぐさんは、サービス精神旺盛なのでしょうねぇ〜〜〜。
そんなあるぐさんにステキな彼氏さんが出来て嬉しいッス。
幸せのお裾分け、いただきましたん。笑。

マリンだモンさんへ。

マリンさんこんにちわわ♡

前回の記事ではアドバイスを下さり本当にありがとうでした。
なんとか少しずつ復活してきておりまするる。

モデル体型!!良い響きだよね!!
でも!でも!!結局は首から上が大事だよね!

彼氏さんは厳しく優しい方です。
素直に聞いてるというか、彼氏さんの意見が正論過ぎて何も言い返せないだけです…。はは…。
文字だけじゃ怖いんですよ…。彼氏さん…。
お顔見ないとあるぐさん泣いちゃうよ。

マリンさんも「あるぐは頭が良い説」を唱えてくれてありがとうですw
でも間違いなくバカですよ^^
身を持って体感中です^^♡

そのステキと言われる彼氏さんに愛想を尽かされないように私は算数に励みます…。
コメントありがとうでした✪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ。

初めまして♡鍵コメさん。

たまたま通り掛かったとはこれはもう偶然的必然!
運命だよ!これは運命なんだよ!!

って、変なテンションですみません。
コメント有難うございますです✪

あのくそ長い自己紹介記事まで読んで下さった上に、お褒めの言葉まで…(涙
嬉しゅうございますよ…(涙

そうですねぇ。
彼氏さんは出来た方だと思います。
おー。カウンセラーさんと被りましたか。
なんかそう言われると照れます。何故か私が。

はい!これからも殺されない程度に仲良くします^^
またいつでも遊びに来て下さいね。

コメント本当に有り難うでした☆
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR