FC2ブログ

安らぎを知らない遊園地

2013.12.17 08:41|日々の出来事
こんにちわわ。


少ぉしお久しぶりですん。


と言っても最終更新日から4日ですか。


今ね、とても空腹でね。
胃の中の蛙がピョンピョンと跳ねているの。
うん、言葉の使い方を間違えているのは知っているよ。


ちょっとショックな事がありまして、食欲はまたまた深い森の中へと迷子になってしまいました。
炭酸飲料くらいならお腹も膨れて飲めるかなと思い、何年ぶりかにファンタを購入したよ。
確か幼少の私はファンタのフルーツパンチ味が好きだった記憶があるのですが、家の前の自販機にはグレープ味しかありませんでした。
とりあえずそれを飲みながら、ボチボチと更新していきたいと思います。



もっちろん、前回の続き、東京レポですん。



ちょっと気分を上げて書いていくぞぉー!



と、言っている傍からデパスニなーう。



まったりしてどうする自分。
なんて一人突っ込みとかしている時点で、今のあるぐさんの心情をお察し下さい。
とてもアンニュイよ。へへ。



前回のブログでは東京への道中と、診察風景を書いたところで燃え尽きました。
まぁ普段からだけども我ながら長文過ぎますし、読んで下さる方も大変だろうと思って、一度区切ったのもあるのですけどね。
コメントを下さった方は本当にありがとうございます。



しかし今回の旅でも同行してくれた友人のYちゃんは人気ですなぁ。
「素敵☆」だとか「セレブ!」だとか、伝えたらきっと彼女も喜ぶでしょう。



いくら細々とやっているブログとはいえ、まさか全国ネットで、



「まぐYちゃん」



なんて呼ばれているとは思ってもみないでしょうね。てへ☆



そんな彼女は勿論、このブログの事など一切知りません。
ネタの宝庫である彼女には絶対に教えられない。



そんなYちゃんとの東京巡り編スタートでございますぅ。




最早恒例ですが、



長文注意。(※引くほど長いです)




12月11日(水)


産業医との診察で、兎にも角にも一段落をしたあるぐさんは、東京の某駅で再びYちゃんと合流しました。
他の友人から診察後に「Yちゃんと楽しんでおいで!」とのLINEを頂き、『うん!楽しんでくる!』と返事をしたものの、実際はヘロンヘロンでした。
時刻は14時前だったので、お腹がグースカ。
Yちゃんは行きの新幹線で駅弁を食べておりましたが、あるぐさんは早朝6時頃に食パン1枚を食べたのみだったからね。



しかし食欲なんかよりも煙草。とりあえず煙草。
神様どうか私にニコチンを。
もうね。ここまでニコチン中毒だと点滴でそのまま血管に注入しながら歩きたいね。


そしてコーヒーが飲みたい。とりあえずコーヒー。
神様どうか私にカフェインを。
もうね。ここまでカフェイン中毒だとカフェインの海を裸で泳ぎたいね。




『Yちゃん…とにかく私に煙草とコーヒーを与えて…』


「んじゃカフェでも入ろうかー」


『煙草…コーヒー…煙草…コーヒー…』


「分かった分かった。落ち着け」



そうして近くに適当にあったカフェへ入りました。
ここは関西にもあるチェーン店でした。
店名は英語だから義務教育を受けていないあるぐさんには読めなかったよソーリー。
とにかくタリーズやドトールやスタバやらと同じで、注文をしたら、レジの横に並んで出てくるのを待つというスタイルのお店でした。



レジが空いていたので私とYちゃんはお互い個別にレジで注文。
本当はここでのカフェ代も私が奢るべきところだったのですが、頭が回らず。
しかもYちゃんは優しいことに、「トレイで持って行くから先に座ってな」と言ってくれました。
なのでお言葉に甘えて喫煙席のある2階へ。



座席を確保し、コートを脱いで、椅子に座ってグテーです。グテー。
ぶっちゃけもう帰りたかった。それくらい疲れました。
そんな事を思っているとYちゃんが階段を上がって来て、開口一番にこう言いました。



「あんたあれだけコーヒーコーヒー言うててさー」


『はい』




「メープルラテって舐めてんの?」




Yちゃんは私がコーヒーを頼んだとばかり思っていたらしく、ずっとコーヒーが出てくるのを待ちぼうけしていたそうです。
しかし「メープルラテのお客様~?」と何度も繰り返され、そこでようやく理解したそうな。



Yちゃん曰く「カフェラテならまだ許せた」だそうです。



だってさ…疲れると甘いものが欲しくなるし…。
もう頭を使い過ぎて体内のブドウ糖が完売御礼だったんだよ…。
許してソーリー。



ホットのメープルラテは美味しゅうございました。
少し脳に栄養が送り込まれた感じ。
煙草もガンガン吸ったった。
1本ずつ吸うのでは物足りなくて、3本同時に吸ったろかと思ったけれど、ビジュアル的にとても危険なのでやめました。
無言で煙をスーハーしている私にYちゃんが聞きます。



「で、診察どだったの?」


『あ、就労可能になりました』


「良かったじゃーん」


『良かったのですかねぇ…』


「まぁやってみてダメならダメで次探せば良いじゃん」



Yちゃんは↑をよく言います。
休養生活に入ってからは特に。
でも私はYちゃんみたいに頭も良くないし、何より職業スキルが皆無なので、そんなすぐにポンっと次が見つかる訳がないと思うのです。



私とYちゃんは確かに仲が良いです。もう10年以上の付き合いです。
一緒にいると楽しいです。ケラケラ笑えます。


でもね。


Yちゃんは私のメンヘラーな部分にはあまり触れて来ないのですよね。実は。
これは私が話さないというのもあるので、触れずにいてくれているだけなのかもしれませんが。



Yちゃんも学生時代の思い出をいくつか抜粋したらメンヘラーな素質は十分あります。
例えば5月頃にアップした友人リストの記事でも書きましたが、ある日突然ODをしては救急車で運ばれて、あるぐさんを大爆笑させました。
学生時代のYちゃんはそんな感じで、他にも色々と病んどりますなって部分は垣間見れました。



彼女も一筋縄ではいかない様な人生を送っています。



が、



現時点での彼女は見事に社会復帰を果たしました。
今じゃバリバリ稼いで、高級住宅街にて一人暮らしを満喫しております。
そんな彼女を見ていると、何て言うのですかねぇ。
ちょっと取り残された感って言うの?
同じくメンヘラな、特に女性だと凄く分かってくれると思うのだけど、そうゆうのないですかね?


私は10年の月日が流れてもまだリスカを止めれなくて、薬物中毒で、しかも頭の中には別の人までいる。
そんな私をあまり見せたくないのが本心でして、普段は実はあまりそういったメンヘラ話はしないのですよね。
なんですかねこれは。
見栄ですかね。プライドですかね。嫉妬ですかね。うーん。



例えば私がアムカをしたとしても、Yちゃんは「なんで切ったの?」とは聞きません。
傷を見ても「あ、またやったのね」ってくらい。


私と奥さん(母)との生活での確執も、具体的には触れてきません。
「辛かったらうちにおいで」と言うだけです。


もう一人のあるぐさんに関しても、Yちゃんは「昔に何度か会ったくらいだからなぁ」と言っていました。
その程度です。
私は話さないし、Yちゃんも聞かない。



その辺が暗黙の了解になっているので、今回の診察風景も特に詳しくは話しませんでした。
事後報告のみです。大体いつもそんな感じ。
だからこそYちゃんといるのは楽しいっていうのはあります。
何だか自分が普通の人っぽく錯覚出来るから。
でも一緒にいると落ち着くかと言うと、それはまた違うのですよね。
彼女は私にとってはビタミン剤であって、安定剤では無いのです。



と、少しばかり東京レポに関係が無いお話が混じってしまい申し訳ごじゃりません。



話はカフェに戻り、口元で煙草の煙を揺らして死んでいる私にYちゃんは言います。



「とりあえずご飯どうしようか?」


『ん?Yちゃんの食べたい物で良いよ~』




「じゃあ天ぷら蕎麦!」『蕎麦以外なら!』



同時に発したこの台詞。その後は暫し沈黙が流れました。
あるぐさん本当に偏食家でねぇ…。嫌いな食べ物が多すぎる。
でも何とか絞りに絞って、蕎麦以外は頑張ろうと思った途端に、ピンポイントで蕎麦を突いてくるところが、私たちの相性を考えさせられます。



「天ぷら蕎麦のために浅草行こうと思ったのにー」


『あーそうなんですか。でも蕎麦は嫌です』


「浅草からならスカイツリーも近いしさ」


『ほーそうなんだ。ってYちゃんホント東京詳しいね』


「まぁねー。ほら昔××と付き合ってたじゃん?」


『あぁ。シャブ中の彼ですね』


「そそ。そんで私、別れる時に夜逃げしたじゃん?」


『してたねー。埼玉に逃亡だったよね』


「そうそう。二ヶ月くらい身を潜めていたからさ」


『懐かしいですねぇ』


「その時に車でよく東京には来ていたのよねぇ」




ね?Yちゃんも一筋縄じゃないでしょ?



Yちゃんは私に「東京のどこなら行ったことある?」と聞いてきました。
あるぐさんは何だかんだで東京は3~4度目です。
必死にメモリーを再生して、引き出してみました。


【あるぐさんの東京履歴】


○渋谷(ハチ公前でDQNに絡まれる)


○池袋(乙女ロードでコスプレ衣装を買うも一度も着ることなく終わる)


○目黒(寄生虫博物館目的)


○秋葉原(フィギュア目的)


○中野(中野ブロードウェイのフィギュア目的)


○東京タワー(蝋人形館の拷問コーナー目的)



ざっと挙げてYちゃんに伝えると「あんたは観光を知らんのか」と言われました。


そしてYちゃんは「よし!原宿でも行こ!」と言い出しました。



『原宿って何があるの?』


「竹下通りとかだよ~」


『おっ。聞いたことありますぞ』


「プチプラ沢山あるよ~」


『なんすかそれ』



Yちゃんに説明を求めると、"プチプラ"とは"プチプライス"の略だそうです。
要するに安いお店が沢山あるそうな。
最初は"プチブラ"って聞こえたから、ちっぱいさん向けのブラでも売ってるのかと思いました。
因みにあるぐさんはちっぱいさんです。誰得情報ですみません。
更に誰得情報を続けると、Yちゃんは巨乳です。
一緒にお風呂に入る度にガン見しているのですが、何故か今でも発育しとるよ彼女は。



そんな訳で原宿へ。



駅の改札を抜けると横断歩道の先に竹下通りが。
もう手前から奥の彼方まで、人の頭、頭、頭、で埋まっていました。
噂によるとまた黒髪が流行っているとやらを耳にしたのですが、そのせいですかね。
遠目に見た竹下通りは真っ黒でした。
でもYちゃん曰くこの程度の人なら空いているそうです。うへぇ。


Yちゃんの腕にしがみ付き、いざ竹下通りに潜入です。
あるぐさんは普段からフラフラしているせいか、しょっちゅう人とぶつかりそうになります。
今回もぶつかりまくり。ガンガンアタックされたよ。
Yちゃんと腕を組んでいるので、只でさえ体積は2倍になっている訳ですが、それにしてもよくぶつかったわー。


そして竹下通りのお店たちは本当に安いね。
靴屋とか全品1000円だったよ。
お洋服も1000~3000円が相場だったかな。
Tシャツなんて500円とかあったよ。
靴下も3足1000円はよく見かけるけど、5足1000円は初めて見た。


そうなると、皆さんお分かりだよね?
Yちゃんのお買い物スイッチが瞬く間にONに切り替わりますよね。



「あるぐ!このブーツどう?」


『良いんじゃないですかねぇ?』


「これ下さい」




「あるぐ!このカーディガンどう?」


『可愛いんじゃないですかねぇ?』


「これ下さい」




「あるぐ!このネックレスどう?」


『素敵じゃないですかねぇ?』


「これ下さい」




とこんな感じでガシガシとお買い物をされていました。
それを見ているうちに私もテンションが無事に上がってきました。
これだからYちゃんは好き。


しかし竹下通りのアクセサリーは300円均一とかなんですよね。
あるぐさんは金属アレルギー故に、300円のアクセだと半日で肌が死ぬので辛い。
安くて可愛いピアスやネックレスがザックザクあったのに、悔しいのぅ。



そうして竹下通りをブラブラしていると、発見しましたよ。



プリクラ専門店。




『Yちゃん…プリクラですぞ…』


「お、おう…」


『ここは記念に撮るべきなのか』


「む…」


『最近のは補正が凄いと噂ですぞ』


「よし…。入ろうじゃないか」



ってことで、東京に来ているというテンションから何を血迷ったのか、四捨五入をすると10年ぶりのプリクラ撮影をすることになりました。
学生時代は遊ぶ時には必ず3度はプリクラを撮っていた私たち。
どの機種が一番綺麗に撮れるかも全て把握していたし、自分の一番可愛く写る角度まで把握していたプリクラ狂でした。



しかし歳月は流れ、歳には勝てないと悟った私たち。
段々と足は遠退き、気付けば10年ですよ。こえええ。



プリクラ専門店に突撃すると、どう見ても私たちが最高齢だった気がします。
竹下通り自体が「若者の街」だそうですしねぇ。
しっかし見たことの無い機種ばかりだったよ。
どの機種が良くて、どの機種が悪いのかもうサッパリ。
行列が出来ている機種はきっと写りが良いのでしょう。
でも並ぶのは面倒だったので、一番奥にあった誰も並んでいない機種を選びました。
一応「最新機種入荷☆」の旗がついていたので、大丈夫だろうと思って。



早速、機種の中へ。



『わ、Yちゃん、お金はどうすればばば』


「い、いや、きっと値段は変わっていないはず!」


『よ、400円で良いんですかね?』


「う、うん。400円だよきっと!」



と早速テンパる私たち。



『よし!じゃあYちゃんお金入れるよ!?』


「ちょちょちょ待って!」


『な、なに!?』



「涙袋作るから待って!」



振り向けばYちゃんは必死にメイク直しをしていたでありんす…。
うん、気持ちは分かるけども。
でもどうせ光で全て吹っ飛ぶと思うんだ、うん。
そんな私も少しメイク直ししちゃったけどねん。


400円を投入すると機械音声が喋ります。



《撮影モードを選んでね!》



『Yちゃん!撮影モードってなに!』


「知らない!知らない!昔は美肌モードとかはあったよね!?」


『で、でも"スウィートモード"とか書いてるよ!』


「と、とにかく可愛く撮れるやつ!!」


『じゃ、じゃあスウィートでいくよ!?』



スウィートモードを選択し、後は機械音声のなすがままです。



《可愛くキュートにね☆》











パシャリ。



《ちょっと子悪魔ちっくに☆》











パシャリ。



《ハグで仲良く☆》











パシャリ。



こんな風に合計6ショット撮られました。
機械音声の指示の元、画面にはモデルさんのポージングの見本が出ます。
仲良さそうに頬を寄せ合い抱き合っているポーズや、口元に手を添えて少し可愛こちゃん風のポーズとか色々。



でも10年ぶりの私たちに出来たポーズはというと、6ショット全て、



ピースサインでした。(表情も全て一緒)



あかん…。昔は色んなポーズや表情を巧みに操っていたのにもうあかん…。
ピースしか浮かばないとか心底、歳を感じた瞬間でした。
だって、中年女性の写真って全部ピースじゃないですか…。
私たちももうその部類なのね…。あはは…。



6ショットを精一杯こなすと、最後は《ソロショットだよ☆》と機械に言われて、何故か個人撮影がありました。
画面に2つのフレームが出てきて、そこに別々に個人で収まり撮影です。
一体全体何の為に?と思いつつパシャリ。
Yちゃんは「SNSとかのアイコンに載せる為のものかなぁ」と言っていました。
なるほどねぇ。Twitterとかですかねぇ。



無事に撮影は終了し、落書きコーナーへ。
この辺のシステムは昔と変わらずで良かったです。
スタンプや文字を書くブラシの種類などは遥かに増えていましたけどね。



しかし…。



書くことがねぇ。




『Yちゃん…昔って何書いてたっけ?』


「えーっと…えーっと…」


『と、とりあえず名前を書こう』


「そ、そうだね。あと東京ってのも書こう」



そんな訳で二手に別れて黙々と作業。
こっそりYちゃんの個人撮影プリクラに「日村氏あいしてる♥」と書いたら、横から肩パンが飛んできました。
そして即効消しゴム機能で消されました。しょぼん。



そうして仕上がったプリクラは全て「東京♡」「IN TOKYO☆」「東京原宿!」の文字が躍っていました。
オノボリさん感満載。まぁ記念になって良いですけどね。


それにしてもだな。
最近のプリクラは補正が凄いとは聞いていたけどもだな。
印刷されたプリクラを見ると、



エイリアン現る。



だったよ…。
目が異常なくらい大きくなって、最早別人。
落書きモードの際にも目の大きさを選べる機能があったので、"ナチュラル"を選んだのに超不自然。
最近の若い子にはこれが普通なのだろうけど、私たちの年代から見るとこの補正は逆補正だと思いました。



でも意外と楽しかったのと、少し若返った気分になれるということで、これからも偶には撮ろうと話し合いました。



プリクラ専門店を出て、再び竹下通りを歩いていると、フレンチレストランを発見。
表に置いてあったメニュー表を見ると、Yちゃん曰く中々リーズナブルだそうです。
私は外食での食事の相場額が本当に分からなくて、何が高いとか安いとかを全然知りません。
それに今日のYちゃんの食事代は全て私が賄う予定でしたので、Yちゃんにお任せし、入ることに。
竹下通りから少し逸れた路地の奥にあるお店で、外観も中々小洒落た感じでした。



が、



入って早々、店員さんが「いらっしゃいませ」と言うのですが、無表情。
あれ?と私は少し思いました。


席に案内され、ワイングラスに入った水を出される時も無言。
あれれ?と私は思いました。


メニュー表も叩き付けるほどでは無かったですが、テーブルにパッサーと投げられる感じ。
あれれれ?と私は思いました。



その瞬間、



Yちゃんがキレた。



無言で席を立ち、私の腕を引っ張り、出口へグイグイと歩いていく。
店員さんも「???」となっていて、私も『あばばばば』となりました。


店を出て、路地を歩き、竹下通りに戻ったところで、



「客商売舐めんじゃねーぞ!」



とYちゃんが吠えました。



おうおう。荒ぶっとる。
まぁ確かに酷い接客だったけども。



そうして気分を害したYちゃんを宥めていると竹下通りの出口まで来ちゃいました。



「よし。気を取り直してこのまま表参道ヒルズ行くよ」


『あーそれもなんか聞いたことありますねぇ』



表参道ヒルズは古いアパートだか市営住宅だかを再建築して出来た商業施設だそうです。
Yちゃんが熱く語ってくれたけど、もう忘れました。
ggるのも面倒なので曖昧なままで書きます。
とにかくYちゃんは一度は行ってみたかったんだってー。



表参道ヒルズ付近になると、一気に通行人の雰囲気が変わりました。
特に若者の街である竹下通りから来たものだから、急変です。
なんだか皆様、お上品なのです。
ミニスカート女子は消え、膝丈タイトスカートな女性たち。
金髪口ピアスの野郎は消え、スタイリッシュな清潔感の溢れる男性たち。
Yちゃんはここで初めてパジャマで参戦してきたことを後悔していました。
しかし男性の着るPコートは良いなぁ。
チラホラと見掛けたけれど、私Pコートが大好きです。
かっこいいー。



表参道ヒルズの向かい側の通りはハイブランド店が密集していました。
シャネルとかヴィトンとかその辺ね。
しかも一つ一つの店舗がでかい。置いている品数も豊富そうです。
Yちゃんは前々から「ヴィトンのバッグが欲しい」と何度も言っていたので、『ヴィトンあるけど見る?』と聞きました。



「私の服を見ろ」



あっ…(察し


そうだね…。パジャマだもんね…。


ってかホントに何でパジャマなのこの人。



そうして表参道ヒルズに到着し、館内をウロウロ。
まぁここもお高いお店ばかりでございました。
入っているアパレルブランドは、あるぐさんの趣味や軍資金と全然噛み合わなかったので、特に用はありませんでした。


でも雑貨屋なんかは面白かったかな。
あるぐさん、シガレットケースが欲しくてね。
それを中心にちょっとだけ見ました。
今使用中のシガレットケースはまたまた7年くらい愛用している代物で、そろそろ買い替えたいのですよね。
過去にコーヒーをぶっかけて半分茶色に変色していることですし。


Yちゃんはダンヒルのシガレットケースを使っていて、少しうらやま。
って女性でダンヒルって珍しいですけどね。
父親から奪ったらしいです。
私のシガレットケースは箱ごと入れるBOX型ですが、Yちゃんのは箱から中身を取り出して1本1本入れるタイプのケースでして、補充に多少の面倒臭さはあるものの、見た目がスマートで良いです。


そんな感じでチョロっと見ましたが、残念ながらシガレットケースを扱っているお店はありませんでした。



1時間ほどで館内を見終わったのですが、またまたニコチン中毒。
竹下通りからずっと吸っていませんからね。
フロアマップを確認すると、あったあった喫煙ルーム。



表参道ヒルズは喫煙ルームまでお上品でした…。
縦長の大きな灰皿が何箇所かに分けて設置してあるのは、関西でもよく見る光景ですが、カウンターの上には自宅にあるような小さな灰皿(しかも可愛い)がいくつも並んでいたのには驚きです。



関西なら5秒でパクられるよ…。



しかも小さな灰皿を使用した人の全てが、きちんと最後は吸殻を専用のゴミ箱に捨てているようで、置いてあった灰皿は綺麗に整頓されていました。
あるぐさん、こんな綺麗な喫煙ルームは初めてだた…。
単に清掃係りの人が片付けたばかりだったのかもしれないけどさ。
Yちゃんとちょっと感動しちゃいました。さすがですねと。



喫煙ルームはガラス張りになっていて、丁度目の前は休憩用のソファが並んでいました。
ゆったりとしたソファシート。
そこで寛ぐ都会の女性や男性たち。
ノートPCとかしているビジネスマンみたいな人もいた。
それを見ながらYちゃんは言う。



「関西だったらホームレスの溜まり場になるね」




そうしてYちゃんは表参道ヒルズを満喫出来たらしく、外に出ました。
その後、ふと思い出したかのように彼女は「あ!」と叫ぶ。



『どした?どした?』


「世界一の朝食!」


『へ?』


「世界一の朝食がこの辺だった!確か!」



またまた詳しくお話を伺うと、何やら雑誌だかTVだか知らないですが、"世界一の朝食"として1位に認定されたお店がこの付近にあるそうなのです。
早速Yちゃんは携帯で検索の嵐。
そしてそのお店が入っているビルは表参道ヒルズから15~20分くらいだったかな?
店舗名もggればすぐに出てくるのだろうけど、面倒なので省きます。さーせん。



ビルに到着すると、そこはファッションビルでした。
少し若者向けだったかな。
んでそのビルの最上階に"世界一の朝食"とやらを出すお店がありました。
ビルの最上階に構えたこのお店は、1フロア全面を使用するというとても広いお店でした。


着いた時刻は17時頃だったかな。
既に何組かが並んでいました。5組くらいいたかな。
うへーと思ったけれど、Yちゃんがあまりにも楽しみにしてらっしゃるので、私も大人しく並んで待つことに。
でも広い分、客席も多く、回転も早かった為、10分程度で席に案内してもらえました。



このお店の"世界一の朝食"として人気なのはパンケーキらしく、店員さんは私たちが席に座った傍から「パンケーキをご注文の際には20~30分はお時間を頂きますので、ご了承下さい」と言いました。
なのですかさずYちゃんが「じゃあ先にパンケーキを一つ」と注文していました。
店員さんが超絶イケメンだったのですが、Yちゃんは普段の可愛い声から更に本領を発揮して、猫撫で声になっておりました。
聞いていて甘過ぎて吐きそう。うぇうぇ。
さっきまで「舐めんじゃねーぞ!」って吠えていたのに…。



その後、店員さんが去ってから、Yちゃんはメニュー表とにらめっこをして、悩みに悩んだ結果、なんちゃらパスタとなんちゃらスクランブルエッグに決めたようです。
このスクランブルエッグも人気なんだってー。
だからこれは外せないそうです。
私は食欲が探しても見つからなかったので、Yちゃんとシェアをすることにしました。



撮ったプリクラをスマホにダウンロードをして、キャッキャと女子らしいことをしていると、まずはパスタとスクランブルエッグが運ばれてきました。
Yちゃんは大喜びで写メを撮っていました。
私は普段、そういった食事などを写真に収める気持ちはサッパリ分からないのですが、さすがに"世界一"とか言われると一応撮っておこうかなと思いました。
でも友人にちょっと見せたかっただけで、見せたらもう満足して削除しましたけどね。



撮影会が終わったYちゃんはスクランブルエッグを一口。
上品にゆっくりと味わい「このチーズとの兼合いが絶妙だわ~」とか何とか食レポしていました。



あるぐさんもスクランブルエッグをフォークでぶっ刺して一口。



味薄ぇ。



もうねー。ボク貧乏舌だからねー。
こうゆうお上品な味が分からんのですよぉ。
なのでゴリゴリと塩コショウを振り掛けたわー。
お陰で塩コショウの味しかしなかったわー。



パスタは少し辛かったですが、まぁ美味しかったです。



そして、最後に大人気のパンケーキのご登場です。
店員さんが丁寧に「こちらに乗っているバターはなんちゃらかんちゃらを練り込んでいまして~」と説明してくれました。
Yちゃんは大興奮ですよ。
写メをバシャバシャと撮り、終わるとバターを溶かして、ナイフとフォークで綺麗に切り分けて、またまたゆっくりと味わっていました。



「やだっ。何これっ。凄く美味しい!」



あるぐさんは面倒だったので、またフォークのみでケーキを千切り取って、適当にバターを塗って食べました。
モグモグすること5秒。



味薄ぇ。



なんなのもう。ボクもうついていけない。
確かにフワフワよ?パンケーキというよりフレンチトーストみたいな食感。
でも如何せん味がしねぇ。
なので置いてあったメープルシロップを存分にぶっかけたわー。
それで何とか美味しく頂けたわー。



でもまぁ食事中に何度もYちゃんが「来れて嬉しい」と連発していたので良かったです。
お会計は勿論、あるぐさんの可愛い可愛いお財布ちゃんから出させて頂きました。
Yちゃんは「いや、あんたここ結構するよ?」と言っていましたが、君の交通費よりはしないよ?
そうして満足してお店を出ました。
出る頃にはディナータイムに差し掛かった頃で、店先には更に長蛇の列が出来ていました。
良い時間に入れて良かったです。



最上階からゆっくり1フロアずつ見ながら下りました。
ハンズとかあったよ。
シガレットケースないかな~?と思って入ったけれど、クリスマス商品ばかりで萎えました。



そして何故か、アニメショップ?みたいな店舗もありました。
店先にエヴァンゲリオンの等身大アスカパネルが仁王立ちをしていたので、エヴァの専門店かと思いきや、他のアニメグッズも売っていました。
と言ってもまぁ有名どころの作品ばかりでしたけどね。
そこであるぐさんは発見してしまったのです。



シガレットケースを!



セラミックのシガレットケースでめっちゃ良い感じ!
薄いしスマートだし理想的ぃ!



でも、でも、でも、




NERVのロゴマークがドォォン。



そうです。エヴァの特務機関NERV(ネルフ)のロゴ入りケースでした…。
10代なら間違いなく買っていた。
あるぐさんの中学生時代の携帯電話は、表面にNERVのロゴをアクリルガッシュで手描きをするという痛さぶりでした。
高校生になってからは、NERVのロゴのプリントシールとやらが販売されていることを知り、それをまた再び携帯電話に貼り付ける痛さぶりでした。



でも、でも、でも…。



もう30代に近い私が、NERVのシガレットケースだなんて痛いどころか、もう遺体です。
なので素直に諦めました。あぅ。
素材も形もとても理想的だったのに…。
あのロゴさえなければ…ロゴさえなければ…。ふええええ。



そうして店内をウロウロしているとゲゲゲの鬼太郎グッズを見掛けました。
そういえばこのゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげる氏(91歳)がまた新連載をするそうですね。
そんな事を思い出し、Yちゃんと雑談。



『水木しげるが新連載するよー』


「は?マジで?」


『マジマジ』


「また鬼太郎?」


『ううん。今回は自分の生い立ちを漫画化するんだってー』




「連載終了までに死ぬやろ」



『バロスw』



そうして後はアパレル店舗を適当に見流して、1階に辿り着き、ビルから出ました。
お外はもう真っ暗でした。
時刻は18時頃だったでしょうか。
そろそろ帰路に就かねばならないお時間です。
Yちゃんは翌日も朝からお仕事ですからね。



竹下通りを再び通り、原宿駅に到着すると、電光掲示板に「人身事故発生の為、車両が遅れています」との文字が流れていました。
あらあらまぁまぁです。
事故でしょうか。自殺でしょうか。
お陰で駅前は人で溢れ返っていました。
周りの人は皆、どうする?とか時間遅らせる?とかボソボソと話していました。



私たちもどうしようってなりましたが、寒かったのでとりあえず切符を購入して改札を抜けました。
するとホームに電車自体は来ていたので、ヌクヌクと座って発車を待ちました。
座れて良かったねーとYちゃんと話しているとアナウンスが流れました。



《只今、警察による現場検証が行われており~…》



『Yちゃん、これ事故かな?自殺かな?』


「んーどうだろうね」



なんて話していること15分。すると再びアナウンスです。



《只今、警察が遺留品の回収を致しておりまして~…》



『あ、死んだね』


「うん、死んどるね」



といったハプニングはありつつも、20分くらい待ったところで電車は無事に出発しました。
駅前で溢れていた人たちが一気に乗ってきて、満員ですよ。
本当に先に乗っておいて良かったです。



そうして東京駅まで揺られ、新幹線の予約です。
朝と違って、夜の新幹線は喫煙席もあったのですが、Yちゃんが喫煙席は臭いからヤダと言うので、また自由席にしました。
私は喫煙車両には乗ったことがないけれど、相当匂うのだそうです。
まぁ喫煙ルームがあるのならそれで構わないのでね。



夜の東京駅の新幹線のホームは出張帰りなのかキャリーバッグを引いたサラリーマンが多かったです。
新幹線が到着し、ドアが開いた瞬間、座席の奪い合いです。


『行け!Yちゃん!』


と私は背中を押して、のんびりと新幹線に乗り込みました(最低


Yちゃんは喫煙ルームに一番近い左側の3列シートを確保しました。
2列シートは残念なことに取れなかったようです。やぁねぇ(超最低
窓際にYちゃん、真ん中に私、その横は空席でした。
でも出発間近になると、大きなキャリーバッグを持った美人さんが「ここ良いですか?」と聞いてきました。
断る理由も無く、どうぞどうぞです。



そうして新幹線は出発。



私の隣に座ったこの美人さん、年齢は私たちより少し上くらいだと推測されますが、それこそセレブって感じでした。
Yちゃんみたいなエセセレブじゃなくて、本物って感じでした。
ファッションとかメイクとかヘアスタイルとかが。
そんな美人さんが煙草を吸いに席を立った時、Yちゃんは勿論食いつきます。
テーブルの上に置いてあった美人さんのバッグを見て、「めっちゃ可愛い。どこのブランドだろ」と。
なので私は失礼ながらもちょっとバッグに近付いて、バッグに付いているプレート式のロゴを見るも英語で読めない。



『んー読めないっす』


「何とか読んで!私の距離からじゃ見えない」


『いや、読めん。渡したいけどさすがに触るわけにはいかないしねぇ』


「仕方ないなー」


『ん?』




「携帯のカメラでズームするわ」





Yちゃんのセレブへの道のりは遠い。




そうして走り行く新幹線。
Yちゃんは最初は携帯で何かしていましたが、途中から眠りに入りました。
私も眠りたいなーと思ったのですが、夜になっても緊張がまだ溶けていなかったのですよね。
身体がガチガチなの。
一応ソラナックスを飲んで、テーブルに伏せてはいたのですが、一向に眠れず。
ネットをしたくても、音楽を聴きたくても、この時点でスマホの電池は8%乙です。
何も出来ない煩わしさよ。



2度ほど気分転換にと煙草を吸いに行ったのですが、その度に隣の美人さんが席を立って、足元に置いているキャリーバッグをどけてと大変そうだったので、もう動くのはやめました。
しかし眠れない。眠りたい。眠れない。



なのでもう構わず座席のテーブルでデパスニすることにしました。
Yちゃんは白目でガン寝真っ最中ですしね。
スニッファーケースを取り出して、粉砕済みのデパスを鏡の上にライン状に引きました。
隣の美人さんからの視線が痛かったけど、もう気にしてられましぇん。
旅の恥はかき捨てです。
そしてスニって再びテーブルにグッタリしました。



それでも眠れないまま終わったのですけどね…。



そんなこんなで21時半頃に新大阪に到着したのかな。
Yちゃんを起こして、無事に新幹線から下りました。



Yちゃんとは新大阪駅でお別れです。
本当に本当に有難うと感謝を伝えて、バイバイしました。
Yちゃんは「また何かあったらいつでもメールしてきな」と言ってくれました。



と、いう訳で、こうして大都会東京への旅は終わったのでございました。



いやはや本当に長いな。我ながら。
スマホユーザーの方は特にスクロールが大変だと思います。



今日も本当にお付き合い有難うございました。



帰宅してからは再びYちゃんにお礼のメールです。
今日の感謝の気持ちを綴り、ついでにダウンロードしたYちゃんのソロ撮影プリクラに、めげずにスマホのアプリで「日村氏らぶ♡」と書いて添付して送ったら、



返信はありませんでした。(予想はしていたけれど)




それでは皆さんごきげんよう。



まったにーん♪



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。あるぐさん。
東京お疲れ様でした!
Yさんは本当に優しくて素敵な方なんですね。
私もそんな友人が欲しいです・・・

プリクラいいですねー
遊びに行くときは必ず撮ります。
ナチュラルで以上に大きくなれるなんて
きっとあるぐさんの目はパッチリしているのでしょうね

羨ましいです!

お疲れ様です。

体力的にも精神的にも疲れきっている中、
お疲れ様です。

唐突に、まあ、なんて言っていいのでしょうか。
Yさんは、肉食セレブみたいな人なんすね。

セレブなニートと同じ位に憧れるっす。

お疲れ様でしたっす。オッス。

楽しい旅路でしたね・・・

あるぐさん、こんばんは。
診察が終わって自由の身になってからは、Yさんと楽しく過ごされたのですね〜〜〜。
Yさんって、ホントに楽しくて自由でおおらかでステキな方ですね〜〜〜。
そんな方とお友達なあるぐさんも、魅力的な女性なのでしょうね〜〜〜。
文章読んでれば分かりますよぅ。
こんな長文を見事な突っ込みどころを折り込みつつ、一気に読ませるこの文章力・・・さすがですね。
面白い記事でした〜〜〜。
あるぐさんに書かせると、普通の旅路も、楽しい旅路になってしまいますね〜〜〜。
ああ、あの、プリクラ。
そうそう、テレビでこの間やってるのを見たけど、今は目がすんごくおっきくなるんですよねぇ。
漫画みたいに。笑。
いや〜〜〜。
あるぐさんとYさんのプリクラ見たいッス。笑。
とにかく・・・
お疲れ様でした。
ホントYさんが居てくれてよかったですね!!!
あるぐさんには楽しくて優しくて正直な友達がたくさん居ていいなぁ〜〜〜と羨ましく思いました。笑。

「くそわろたw」の一言だわwww

あなた笑い死にさせる気ですか(;´Д`)
突っ込むところありすぎてごめんオバサン全部に突っ込めないわ。

個人的に気に入ったシガレットケースがNERV製という出会いがお気に入り。
もう運命と思ってあきらめて買いなさい(嘘です。ごめんなさい)

最近のアニメグッズはアニメ関係に見えないの増えたよ。
某乙女ゲーのヘアゴムは桜の模様があるだけで、乙女ゲーのタイトルもキャライラストもないという。
おかげでそれらグッズたちは現在愛用中♪ フフ。
エヴァの会社はもっと隠れオタクを意識したグッズ作らないと!

Yちゃん声可愛いのに、言ってることが男勝りすぎて、どんな感じなのか聞いてみたいわ~。


ここから重い話ごめん。適当にスルーして。

私は今年、中学からの付き合いの友人に爆発して絶縁状出したよ。

中学の友人はフリーターしてたけど、バイト先で後に営業職の正社員になる人とでき婚して、専業主婦になった。
専業主婦とか今時勝ち組だし、子供も気立てのいい子で、旦那さんとは仲が良くて、しんどいときは家事や育児も手伝ってくれるイクメンだし。

なのに離婚したいとか、旦那浮気すればいいのにとか言いだして、アンタ一体どうすれば満足するんだい? と友人から発せられる言葉はリア充生活を象徴する言葉しかなくて、そんなの31歳独身初婚なし彼氏いない歴の年数長すぎな私は耐えられなかった。

カウンセリングでも一年近く必死で仲良くする方法について取り上げたけど、ダメだった。

でも酷いこと言って別れたのは悪かったけど、別れたのは正解だと思う。
すごく楽になった。

同性同士はレベルの違いで話題も変わるし合わなくなったり、嫉妬するのは当たり前だよ。
その点異性の友達はいいと思う。
比べたりしないからね。

まぁ私は男性には友人対象として見られたことないから。
恋愛対象としても全敗だし。

今は男の方が嫌い。近づいたかと思ったらすぐ見捨てるから。
自分を守る人間なんて自分を含めていやしないんだ。


それと今日はバイト初日だね。
お疲れさま。
無理しないでね。

時雨さんへ。

おはやうです。時雨さん。
2度目のコメントありがとうございます♡

いやはや東京はホントに疲れたよー。
そうですねぇ。
Yちゃんもホントに優しくて素敵でおかしな人です。
私は普通な友人が欲しい…。

おっおっ。
時雨さん、遊びに行く時は必ずプリクラを撮りますか。
そんな時雨さんは若者と見た!
学生さんかな??

あるぐさんの目は決して大きくはありません。
強いて言うなら横に長い?気がします…。
パッチリしたお人形さんみたいな目に憧れるでやんす。

コメントありがとでした☆

kungfuさんへ。

おはやうございます。Kunghuさん。
いつも労いのお言葉ありがとうございます。

そして相変わらず唐突ですねw
「肉食セレブ」わろたよw
それ多分セレブちゃう。きっとちゃう。

セレブとはもっと優雅で華やかだと思うの。
パジャマ姿で竹下通りで吠えたりしないと思うの。うん。

コメントありでした!オッス!!

マリンだモンさんへ。

マリンさん。おはやうございます。

こんな長文を読んで頂き感謝です。
ホントに読んでくれるだけで嬉しいのでコメントは無理しないで下さいね?

Yちゃんとの旅路は面白かったですねー♡
確かにYちゃんは楽しくて、自由です。
でも決しておおらかでは無いんだ…。
すげぇ短気っすよ。彼女w
素敵な方ですけどね!

面白く読んで下さったなら良かったです!
一気に読めたとか嬉しいなぁ。
私自身が長過ぎて読み返す気力が無いと言うのに…w

そして、そう、プリクラ!
補正ヤバイですよ!マジで!
目がもうエイリアンになるんですよぉ。
マリンさんも一度旦那さんと撮ってみて!マジで!!
撮ったプリクラは完全に別人でしたので、ブログにアップしても良かったのですが、画像の貼り付け方を知らないって言うね…w

労いのお言葉ありがとうございます♡
Yちゃんの有り難みを感じた日でした。
私の周りの友人たちが優しいのは、単に私が優しくない人が嫌いなだけですwひひひ。

コメントありがとうマリンさん♪

美波ゆりこさんへ。

おはやう。みなゆりさん。
タイトルから嬉しい言葉をありがとうw

笑い死って素敵な死に方じゃーん。
Yちゃんの行動はこれよりも更に突っ込むところが沢山あったのですが、厳選してもこの長文ですよ…。
参りますホント。

さすがみなゆりさん!
やはりお気に入りはアニメグッズの下りですか。
た、確かに運命の出会いだったのかもしれない…。
今でも自宅用にと買ったら良かったかなと少し思ったり。

某乙女ゲーとはアレですな。分かりますぞ!
そうですねぇ。それくらい控え目なら私もまだ愛用出来るかも。
でもNERVドーンはやっぱ無理だ。

Yちゃんはうん、正に男勝り。
そして男性の前では猫かぶり。
どちらが本当の彼女なのでしょうかねぇ。

重い話、読ませて頂きました。

そっかそっか。絶縁状を出したかぁ。
耐えられないものは仕方ないさー。
カウンセリングで1年も模索してたんだね。
頑張ったんだね。お疲れ様。

最後に酷いことを言っちゃったのはアレだけど、楽になったなら良かったよ。
でもこれからは出来るだけ自然にフェードアウト出来るようにしようず!

同性同士は確かに嫉妬とか見栄が出ちゃうなぁ。
そんなの感じたくないけど、自分に自信が無いから余計にかな。
心のどこかであるんだろうね。

うん。その点、異性の友達は良いね。
比べる物がないもんね。そもそも脳の構造からして違うし。
なるほどなぁ。納得したよ。

みなゆりさん、Twitterとかでも沢山人脈あるじゃーん。
私なんて使いこなせなくてフォロアー?3人だよw

おおぅ…。男の方が嫌いか。
まぁまぁ近づいて来る人の全員が王子様ではないからね。
男性=見捨てる という考えはやめようぜー?
深く付き合ってみないと分からない人も沢山いるよ。きっと。
こんだけ地球には人間が溢れてるんだからさ。

バイト初日のことを覚えてくれてたありが㌧♡
なんとか無事に帰還しました。
またこの日のことはのんびりブログでアップさせて頂きまする!

無理しない程度に頑張るね。応援ありがとう!

まぐYちゃんwwww
ツボに入ってしまって笑いっぱなしですwww

ぴくみんさんへ。

わぁ。少しお久しぶりですね!
コメント有難うございます。ぴくみんさん♡

まぐYちゃんは無いよねw
本人が聞いたらあるぐさん絶対に殺された上に埋められます。

でもぴくみんさんのツボを押せて良かった!へへ。
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR