FC2ブログ

小さな箱の世界

2013.12.05 10:12|日々の出来事

何故かTwitterを開くといつもオススメユーザーに西野カナが出てきます。

「会いたくて会いたくて震える」ってどんな状態やねん。
それ絶対に病院行った方が良いよ…。出来れば精神科ね。


という訳ではおはやうございます。


ひっさびさにスマホからの更新なう。


コタツでコロコロさ。
此処から出たくないの…。
PCを出すの面倒臭いの…。


前回のブログでは、沢山の拍手とコメント、本当に有り難うございました。
私個人としてもとても大切な記事になったので、自分の記事なのにブックマークとかつけちゃったわ。
ナルシスターな私はそうやって保存してはたまに読み返すのさ!


今日はスマホからなので、ここ最近のことをサクッとだけ書こうと思います。
どうせまた長文なのでしょ?と思った其処の貴方。
多分ビンゴです。
チュッパチャップス上げるよ。あるぐさんの好きなチェリー味。
ってこのチェリー味ってまだあるのかな。


って、どうでも良い話は置いておいて。



先月末に、このブログにもたまーに出演していた親戚のおじさまが亡くなりました。
あーでも出演していた記事は削除した2012年の記事かもしれない。
とにかく元気でパワフルなおじさまだったのですが、バイクで事故っちゃってね。
怪我は足の骨折だけと軽症?で済んだのですが、手術がねー…。
失敗に失敗を重ねた結果、全身麻酔を4回もされ、結局最後は傷口から菌が入ってしまいなんちゃらなんちゃら。
あっという間に衰弱していき、最後は意識不明になり、医者もお手上げって訳。
私はそれを聞いた時は『ああ、もう秒読みだな』って思っていたけれど、何だかんだでおじさまは栄養剤だけで意識不明のまま2ヶ月間、生き延びました。
でもそれ以上は無理だった。


お通夜とお葬式と初七日を2日間にかけて行うことになり、場所は遠方。
奥さん(母)からは「泊まりになるから、無理に出席しなくて良い」と言われました。
姉もまだ幼い子供がいる関係で欠席でした。
悩みに悩んで、もう一人のあるぐさんにメールをすると、「人情的には行った方がええやろ」と、そりゃそうねって返信が来ました。
そして「離人や鬱は覚悟しとけ、でも交代は大丈夫やから」と来ていました。


最後の文が一番気になっていたところなのですが、もう一人のあるぐさんの「大丈夫」との言葉を信じることにして出席を決めました。
でもお通夜だけね。お泊まりはやっぱり無理だと踏みましたので。
薄情ですみません。


斎場の控え室に着くとおじさまの奥様、所謂おばさまが「あるぐちゃん!よく来てくれたねぇ」と言ってくれました。
本来なら私も良い大人なので『この度は御愁傷様です』くらい言うべきなのだろうけど、私は何も言えず、頭だけ下げました。
一緒に来ていた奥さんや祖母は親戚たちに挨拶をして回っていました。
私は何をすれば…と突っ立っていると、おばさまが「(おじさまは)最後まであるぐちゃんあるぐちゃんと言っていたよ。是非、顔を見てあげて」と言いました。


なのでおばさまと斎場へ行き、棺の蓋を開けてもらい、おじさまの顔を見ました。


『痩せてる…』


「うん、最後はもう栄養剤だけだったからねぇ…」


『そか…』


「こんなに早く逝くなんてねぇ…」


『おじさま最後苦しそうだった?』


「どうかなぁ…意識が無かったからねぇ…」


『そか…』


おじさまは膨よかな方で毎回ファッションに合わせて変える眼鏡がトレードマークだったのですが、亡骸はすっかり痩せ細っていて、眼鏡も掛けられていませんでした。
ジーっと亡骸を見つめていると、案の定、離人しました。
只でさえ全ての物が作り物に見えるこの世界。
おじさまはもう息もしていない、心臓も動いていない、だから作り物に見えるのは当然かもしれないけれど、蝋人形の様になったおじさまを見ていると私は意識が遠退いて、棺の前の台に倒れ込みそうになりました。


「あるぐちゃん!」


とおばさまが叫んで支えてくれたのを覚えています。


お通夜は粛々と行われました。
僧侶の奏でる鐘の音とお経に完全にトリップしました。私。
あれはどこの宗派なのかな。
あんなに鐘を鳴らすお経はあまり聴いたことがなかったです。


帰りは従兄弟が車で送ってくれました。
奥さんたちはお泊まりで、翌日のお葬式にも出席です。
私だけ帰るるる。
おばさまにご挨拶をして、帰宅しました。
火葬される前に会えて良かったなぁと思いました。



この日の夜は、一人きりだったので、普段の私ならリスカだひゃっほい♪なところですが、なんとなくやめました。
喪に服す訳じゃないけど、切りたい気持ちは無かったので。



と、まぁこんな出来事がありました。
少し重いお話ですみません。



あとリスカと言えば、ついこの前に強烈なリスカ熱が出たのですが、我慢出来ました。
いつもいつもいつも、切る前は薬の存在を忘れ、というか無視して、好きに切っていたのですが、今回はレボトミンを服用してみました。
快楽目的のリスカ熱だったので、冷静にお薬が飲めました。
効くかなぁ…と思っていたけど、なんか効いたみたい。
とりあえずその日は切らずに済みました。


切る瞬間は気持ち良いよ。快楽、悦楽、愉楽。
でもいつまでも溺れてちゃあダメだなって思うようにしています。
って、本気か私。
とにかく今は快楽目的のリスカ熱は、当分お薬で強制封印させようと思っています。
って、本気か私。


最近の口癖。


『目指せ平凡』



ところで今現在、心臓がランバダなのですが。
デパスニして15分。効く気配なし。
もう2mgくらい足そうかな。



そして再びリスカ熱。
あーやだやだ。
なんでこんな癖を覚えてしまったのか。
快楽を我慢するのはきついです。
誰だって気持ちの良いことには溺れたい。ブクブクと底まで。



とりあえずまたレボトミンを投下してみます。



『目指せ平凡』



ではでは皆さんごきげんよう。




↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

大変でしたね・・・

あるぐさん、こんにちは。
おじさまのこと・・・
あるぐさん、お通夜に出られたの、偉いです!!!
私だったら、行けなかったかも・・・
でも、想いでのあるおじさまだったのかな・・・
お顔を見られてよかったですね。
おじさま、意識無く・・・苦しまずにいかれてそれだけが救いですかね・・・
でも。
手術失敗につぐ失敗って・・・
そんな不幸なことって、あるんですかね。
医者が、やぶだったとか・・・
そういう責めみたいなものは、なかったのでしょうかね・・・
まぁ・・・もう亡くなってしまったので・・・そんなこと追求してもしょうがないのかもしれないけど・・・
リスカ、快楽なんですね・・・
快楽を我慢するのは本当に厳しいと思います。
私も、食べるの我慢しろって言われたら、どうしよ、って思いますモン。苦笑。
そんなことと比較するな?苦笑。すみません。苦笑。
でも、切らなくて大丈夫な状態に持って行けたらいいですね。
目指せ、平凡。ですね。
応援しとりますよ〜〜〜。
大好きなあるぐさんのために・・・祈っております・・・

平凡、普通を諦め…忘却させた私です←
ほら、それって定義だもん、平均ど真ん中の人なんていないもん、だから平凡も平均も普通も実際はないってかんがえてます………だめかな?

マリンだモンさんへ。

こんにちは。マリンさん。
コメントありがとうございます。

全然偉くなんてないんです…。
お通夜には出ましたが、終わると逃げるように帰った私です。

このおじさまとの思い出は成人してからの方が残っていますねぇ。
昔にもお世話になったそうですが、得意の健忘なのか覚えていません。
顔は見れて本当に良かったと思います。

今回は完全に医療ミスだったそうです。
執刀した若い医者はとにかく謝り倒していたとか。
医療裁判の話も出ましたが、おばさまはもうそんな気力は無いそうで…。

リスカは快楽です。
そして私を現実に引き戻してくれる唯一の行為です。
だから我慢は厳しい。
うん。厳しいよぉマリンさぁん(涙

私からしたら食事と一緒ですよ。ホント。
リスカは生きる為の手段です。
あうあうあー。

「大好きなあるぐさん」頂きました!うへへ。
応援ありがとうですマリンさん♡

京さんへ。

いやいや、全然良いと思うよ!
只、あるぐさんはのほほんと暮らしたいのさー。
縁側でお茶とか飲みたいの。それだけ。

今更、世間一般で言う「普通」にはなれないのは分かっているし。
でも山と谷の高低差が激しすぎる。
もうちょっとフラットになりたい。

そして平々凡々と暮らしたいのでありんす…。
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR