FC2ブログ

凍った烏

2013.09.17 21:43|過去のお話
初めましての方はこちらから→「取扱い説明書


≪処方箋を守りブログを更新生活≫


目標90日。現在88日目。



あと2日。



【昨夜のお薬】


デパス1錠スニ。

ハルシオン1錠。

レボトミン2錠。



もう3週間くらい奥さん(母)の顔を見ていません。
目を合わせられない。正面から見れない。横目も無理。
最近の奥さんはどんな風なのだろう。
今度こっそり確認しないと。でないと顔を忘れてしまう。
頭に浮かぶ奥さん像は、何故かクリーチャーで参っちゃうよ。




今日は少し昔話をしようと思うんだ。



あれはあるぐさんが13歳の頃だったかな。
あるぐさん、バレエをやっていてね。
この頃で7年目だったかな。
小さな研究所だったけど、この頃から大人のクラスでもレッスンが受けれるようになって、凄くバレエが楽しかった。
そんな頃だったかな。




「あるぐちゃん。月謝がもう半年も貯まっているのだけど…」




レッスンの帰り際に、先生にこう言われました。
先生は凄く申し訳無さそうだった。
石畳で出来た玄関に、冷たい風が吹きました。



初夏のあの日。



子供ながらに分かったよ。もうバレエ続けられないなって。
だってうちにはお金が無かったから。



この頃からどんどん家が荒れ始めました。
文字通り荒れていった。
散らかったキッチン。埃に塗れた階段。
リビングのソファには父親の服が山積みでした。
今思えば、誰かの服を畳んであげるのって、素晴らしい愛情表現だと思う。
でもこの頃にはもう、奥さんの不満も山積みだったのだろうね。



あるぐさんが生まれた頃から、我が家はもう「共働き」ってやつで、あるぐさんの地域では「共働き」っていうのは結構珍しかった。
奥さんはニューヨークカフェのマスターなんてものをやっていて、髪に金色のメッシュを入れて、赤い口紅を引いて、とても格好良かった。
父親はそのカフェのオーナーをしながら、ベンツを乗り回して何かしていた。
姉は当時、女子大生で、バイトをしながら一人暮らしを満喫していた。



皆、忙しそうで、あるぐさんは家庭で浮いてた。



奥さんが稼いでくるお金は、全て父親が浪費し、我が家にはどんどん物が増えていきました。
アンティークなソファーテーブルとか、黄色いオープンカーとか。
家賃7万円の小さな借家にはそれはそれは不相応だった。



私は月謝の支払いが滞っていることを奥さんには言えなかった。
何も知らないバカのフリをしていようと思った。
私が知ったらこの家は終わるなって気付いてたんだ。



でもさ、私がそんな気を遣う前にさ、奥さんはとうの昔に限界だったみたい。



奥さんはストレスから顔面神経痛になって、毎晩「痛い痛い」と叫んでいました。
私はそれがとても恐ろしくて、夜が来るのが怖かった。
そんな声は聞きたくなかったし、こんな声を聞かせる奥さんは最低だと思った。
でも口にするのはもっと最低だから、何も言わずに耳を塞いでいたんだ。




ある夜。



この日の情景は思い出すと、熱に打たれたアスファルトみたいにユラユラと漂うのだけど、乱雑したキッチンの椅子に腰掛けた奥さんは、煙草を片手にこう言いました。




「あるぐちゃん。お母さんもう無理」



私は何も答えませんでした。
何が無理かなんてもう分かっていたし、この先に続く言葉も分かっていたから。
只その時は、煙を吐いているのか、溜息を吐いているのか、どっちなのだろうってぼんやりと思った。



深夜、私は子供部屋で、寂しさから自分で作ったぬいぐるみを、切り刻みました。



「無理」って言葉が頭をループした。
そのたった二文字の言葉に、私のことも含まれているのが分かった。




それから1週間後くらいかな。
夏休みが始まりました。



それと同時に、奥さんも出て行きました。



奥さんは日頃から準備していたみたいで、大きな荷物は既に郵送済みだった。
持っていたのは小さなバッグ一つだった。



あるぐさんは笑顔でバイバイしたよ。
この時にどう挨拶をするのが正解か分からなくて、考えに考え抜いた結果、「笑顔」に決まった。



「きちんとご飯食べるのよ」



奥さんはそう言った。
だったら作ってくれよって思った。



「夏休みが終わったらちゃんと学校にも行くのよ」



奥さんはそう言った。
だったら毎朝起こしてくれよって思った。



「お父さんと仲良くね」


奥さんはそう言った。
だったら見本を見せてくれよって思った。




あるぐさん、本当は行って欲しくなかったんだ。
寂しかった。悲しかった。捨てないで欲しかった。
でも13歳のあるぐさんは無力過ぎて、引き止めることなんてとてもじゃないけど出来なかった。
引き止める理由がなかった。
だって私は奥さんの持っていた小さなバッグ一つよりも価値が無かったから。



「じゃあ元気でね」



奥さんはそう言って玄関のドアを閉めました。
玄関の向こう側から聞こえてくる足音が消え去るのを待って、聞こえなくなった時に初めて、大声で「なんで!?」と叫んだ。




それからというもの、あるぐさんは分かりやすく非行に走りました。
とりあえず煙草を始めて、ピアスを開けて、髪を染めて。
うん、我ながら恥ずかしいほどに分かりやすい。
バイクの後ろに乗って、赤信号をブッちぎる度に、このまま事故って死ねないかなといつも思ってた。
メンヘラーで参っちゃう。



家には帰らなくて、帰れなくて、川沿いの橋の下とか、マンションの屋上とか、大きな病院の庭?とかで暮らしていました。
あとはショッピングモールの階段下とか駐車場とかもあったかな。
でも私は野宿をするにはあまりにも幼くて、すぐに通報されては、その度に警察から逃げていました。



学校には通っていました。
屋根がある所なら何でも良かった。
野宿は何気に辛い。特に冬の京都は舐めちゃいけない。



そんな生活も1年も持たなかったんじゃないかな。
なんせお金が無かった。
無いなりに悪さもしたけれど、無理があった。



銀行のお金は全て引き落としていたし、父親はお金をくれる訳が無かった。



そうして私は気付いたら、始発もまだの地下鉄のホームに突っ立っていました。
持っていたのは学校の制服と兵庫への片道切符だけ。



結局、私はバッグ以下の価値しかないのに、奥さんを頼るしか無かったです。




心の中で、再び「なんで!?」という叫び声が響いた日でした。




↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

読んだよ あるぐちゃん

.。゜+.(´▽`)(-。-)y-゜゜゜。+.゜+・

キミってやつぁー

読んでいて

涙が出そうになりました。
そんな中でも笑う動物というブログで
周囲を楽しくさせているあるぐさんを
尊敬します。

こんにちは

また、読ませてもらいに来ます。

いよいよですね。3ヵ月、とても頑張ったと思います。ありえないほどのガッツ!
子どもの頃にそんなツライ経験をしているなら精神を病んで当然ですよ。
私も小5の時、突然母に「私とお父さんとどっちと暮らす?」と聞かれました。
いきなりで焦った。答えは今すぐとのことだったので「お母さん」と。
まあ、ウチの場合は父のギャンブルと借金が原因だったので、即答しましたが、いきなりのことで少し動揺しました。
今すぐ答えを出せとのことにも動揺しましたが、仕方ないですね。
私はそれでいいと納得しましたから。
やっぱり子どもの頃、そういう経験をすると大きくなってから精神が崩壊するのでしょうかね。
こんかいのあるぐさんの日記でつくずく感じました。
あと、2日! 負けないでー!!!

ウチは毎日父親が苦しい苦しい言って背中叩いてと酷い時は1時間以上母にさせるので、嫌な顔して行く母見るのも、しんどいのに最低10分は自分が叩かされるのもつらいし、聞こえない振りしたら「○○と俺どっちが大事やねん」とか「お前らなんか出てけ」と怒り出すので、それが原因でリストカットしたのが丁度1年前の誕生日。

何も誕生日にキレて欲しくなかった。一人でバースデーパーティーする予定が手術になったよ。

たけぴろ兄さんへ。

兄さん…っ。


ぶわっっ(´;ω;`)

kungfuさんへ。

kungfuさん今晩は。
いやはやお恥ずかしい駄文を読んで下さりありがとうございます。

泣いちゃいやん。
ハンカチあげる(>_<)
それも幸せの黄色いハンカチをね!

ヤギさんへ。

初めましてヤギさん。
またいつでもいらして下さいませ!

Mieさんへ。

こんばんはMieさん。
Mieさんも辛い過去を話してくれてありがとう。
Mieさんのところも母子家庭だったのですね。

サラっと「精神崩壊」って書かれててわらたよw
うん、否定出来ないけどw

応援ありがとうございます!
今日、ブログを更新したら残すところ後1日になります!

頑張るからねーー!!!

メンタル桃さんへ。

こんばんは桃さん。
桃さんも辛い思い出を話してくれてありがとう。

切ないバースデーだったね。

って、桃さん入院!?
今普通にビックリしました。
実録急性期病棟、楽しみに?しています!
非公開コメント

✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの
『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR