スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世はどうせ終わるよ

2014.06.03 14:02|リストカット
先ほど何となしにスマホでネットの海を漂っていると、こんなコラムを見つけました。


【要注意!】

お泊りデートで「ないわ~」と男性に思われること・5つ!


ほう…。と思ったあるぐさん。


中々興味深いタイトルです。なのですかさず画面をタップしました。


ワクワクとドキドキが入り混じった中、画面が切り替わり現れた文字。



1.いびき




すかさずブラウザを閉じました。



というわけでこんにちは。

「あるぐのいびきで目が覚める」と毎回言われる、ないわ~女性のあるぐです。

現在、半泣き。あびゃびゃああ。

なんすか。「ないわ~」ってなんすか。

ないんすか。私はないんですか。じゃあ私はどこにあるのですか。どこに存在するのですか。
知らんやん。寝ている時とか分からんやん。


と、まぁ一通りショックを受けた辺りで、スマホをぶん投げ、ひっさびさにPCに向かっている私なのですが、こういった女性向けの恋愛コラムって今凄く多いみたいですね。


「男を喜ばす㊙テク!」とか、「あなたは知っている?男子たちの本音!」だとか。


昨夜から少し閲覧していたのですが、さすがにクラクラしてきました。
見れば見るほど、読めば読むほどあざとくなりそうで、有害図書指定にしました。コレ。


そしてその流れで知ったのですが、今は女性向けのAVまであるのですね。

これだけ性が二次元でも三次元でも解放されている中、無かった方が不思議と言えば不思議なのですが、敢えて「女性向け」と謡っているのが面白いですね。

その中でも鈴木一徹さんというAV男優が、現在女性たちの間で絶大な人気を誇っているそうです。
お名前で検索をすると出てくる出てくる無料動画。
全てのサイトが「女性向け!」や「女の子専用ちゃんねる」的なモノばかりです。
あるぐさん、基本的に三次元自体があまり好きではないのですが、興味本位で少し見てみました。


が、


10分でギブ。



いやもうね。10分ずっとチューしてるの。
10分間ずっとレロレロしてるの。きつい。これはきつい。さすがにきついぞ。
確かにね。女性向けかもしれません。
なんというかカップルのいちゃいちゃをそのまま再現した、みたいな感じですた。
ソフトです。10分しか見ていないですが、確かにソフトです。
比べるモノが無いのでよく分からないけれどソフトな気がします。ソフトクリーム食べたいです。


行為に発展するまで視聴をしていないので何とも言えないのですが、でも10分間チューって長くね?
成人コミックで30ページの間、ずっとキスシーンだけを読まされているみたいな感じですた。
でもでも人気があるそうなので、また元気な時に頑張って最後まで視聴してみようと思います。


って、最終更新日から今日で約2週間ですか。
前回の記事はなんだかよく分からなくてすみません。
コメント欄でも書かせてもらいましたが、あの記事の内容は5月15日の朝に見た夢です。


そのまま表現をして良いのか分からなかったので、記事では「四肢を切断された女性の写真」と濁しましたが、実際の夢の中ではその写真を「だるまコレクションだよ」と笑っていた兄の姿が印象的でした。


その日からもう体調がガタ落ちしましてね。もう本当に参った。

夢を見た日は朝からソラナックスやらデパスやらを呷って、何とか出勤。

その夜はオアシス店長の送別会。

送別会での記憶がほぼない事は2つ前の記事でも書きましたが、その数日後、また自称小悪魔4頭身スタッフのおしんさんがやらかしてくれました。



あるぐさんの写真をFecebookにアップ。



あるぐさんの血圧もアップ。



マジで殺そうかと思った。見つけた時にはもう発狂しそうになったわ。

落ち着け、殺す、落ち着け、殺す、殺す、マジで殺す、落ち着け、殺す、死ね、みたいな。

昨今、どの会社でもネットマナーがとても問題になっているとは聞いていましたが、まさか自分が被害に遭うとは思いませんでした。
Facebook自体は別に否定はしませんよ。楽しくやったら良いですよ。
私の姉もやっています。本名も自分の顔も元気良く出しとります。
彼氏さんもやっています。って今彼氏さんのFacebookを見たら何人友達いるんだよこの人。
スマホで見ましたが、スクロールが追いつかないわ。なんだこれ。怖ぇ。


でもいくらFacebookとはいえインターネットには変わりないよね。
友達とのお写真を載せるのは良いけどさ、許可っていらないの?
許可というか、暗黙のルールってないの?友達同士がお互い載せ合っているとかならともかくさ。



って、私おしんさんと友達じゃないし!!!!



ってことで、私の写真が載せられている事を知った後、どうにもこうにも怒りが治まらなかった私は、おしんさんが常日頃からLINEのタイムラインで更新しまくっている自撮り写真を即保存し、プリンターで印刷。
それを壁に貼り付けて一晩中ダーツを投げました。
目玉に当たったらブルです。あ、ブルってご存知ですか。知らないですか。まぁ良いです。とにかく3本入ればハットトリックです。


でもそんなのじゃ治まらないし!!ってかプリンターとか持ってないし!!


でもまぁその一件はね。もう水に流すというか、どうすることも出来ないのでね。
容易に写真を撮らせた私も悪いからね。でも集合写真だったから断れないよね。
やっぱりムカつくよね。そもそもおしんさんを「姫だ」「姫だ」と持ち上げている奴らが罪だよね。
実在するのか本人の妄想なのか知らないけど周りが悪いよね!
周りが罪だ!きっとそうだ!だっておしんさんは精神鑑定を受けたら無罪の域の狂いっぷりだもん!!!


うああああああああああああ!!!!



そしておしんさんは置いておいたとしてもですね。どうも5月15日から精神不安定が炸裂。
季節の変わり目だからかなぁ。
私のブログを読んで下さっている方のブログを読ませて頂いても皆さん体調不良を訴えていました。
5月病ってメンヘラバージョンもあるの?


そして私は基本的に温厚だと思うのですよ。多分。きっと。うん。
おしんさんと会っても殴ったことないしさ。うんうん。

なのに物凄く攻撃的な自分がいて、あるぐさんとあるぐさんとあるぐさんが頭の中でバトルロワイヤルしやがるの。
もう勘弁して欲しいですよね。優勝しても何も出ないよ。
折角ショートヘアーにして新規一転と思っていたらこの不調。あーヤダヤダ。


彼氏さんとskypeをしていても頭の中がヘドロでさ。
私のPCはWebカメラが付いていないので、スマホのカメラをPCの左上に固定してビデオ通話をしているのですが、何に腹が立ったのかは忘れましたが、気付いたら固定しているスマホに向かってグーパンしていました。
テーブルの向こう側に吹っ飛ぶスマホ。正確にはスマホが吹っ飛んでから気付くみたいな。
もっと言うなら吹っ飛んだスマホから聞こえてきた彼氏さんの笑い声で気付くみたいな。


【その時の彼氏さんに言われた言葉】


「落ち着けカリメロw」




私の髪は殻じゃないし!!!!




そして体調不良はまだ続く。



それはある日、彼氏さんといた時。
彼氏さんは隣でPCをしていました。仕事か何かそんなのでPCをいじっていました。
なので私も少しはお勉強をしようと、持参した仕事の資料を読もうとしました。
思いっ切り"社外秘"と書かれている資料を惜しげもなくカフェで広げてお勉強です。
でも一列目の文章を読み終えて、二列目に移ろうと思うと一列目の文章がドン!と落ちてくるの。
くっそ。邪魔だなと思いながら、一列目の文字を視界の上に無理矢理引き上げて、二列目を読みます。
何とか二列目を読み上げて、三列目にいくと今度は一列目と二列目の文章が合わさって更にドドン!と落ちてくる。
それをまた無理も矢理にも視界の端に整理するも、四列目になるとまた同じことの繰り返し。
文章を理解して覚える、そんなどころじゃないのですよね。
いかに綺麗に頭の中で、視界から伝達される文字たちを整理して、読むか。それにしか集中出来なくなるのです。
すると、もう段々と腹が立ってきて、私の攻撃性はご健在でして、パッと腕を見たら、血がタラリと流れておりました。



凶器:彼氏さんのシャープペン。



もう最低。何これ。もう本当に最低。何してるんすか私。
彼氏さんもドン引きだよ。


そしてまたある日。この日は病院だったのですがね。
予約はしているものの、行くのが遅かったのか、最終診察になっちゃってさ。
待つこと2時間くらいかな。3時間だっけな。何せ待った。
この時も苛々してきて、コレは良くないなと思って一度お外に出たのです。
んで、煙草を1本吸って、気分を落ち着かせて待合室に戻りました。


それから何分後かな。覚えていないけれど遠くで「あるぐさーん?あるぐさーん?」って聞こえてくるの。
私はなんだようるせぇって思ったの。イヤホンで音楽を聴いていたので、うるせぇって思ったんだ。
そしたら急に背中を摩られて「あるぐさん大丈夫ですか!?」って言われたの。


私は待合室のソファでうつ伏せで寝転がっていて、腕は血塗れでございました。



凶器:三井住友VISAカード。



なんなんだよ!!!マジで!!!!!!!


もう震えちゃって、泣きながら謝ったよあるぐさん。
血溜まりが出来ていたソファは選りに選って布製だし、絨毯にも血痕がついていました。


もうヤダ!最低!何してるの私!!!

三井住友VISAカードでアムカが出来るの事にも驚きだし!!!!!


というような日々を送っています。


今日は体調がマシです。何となく。うん。


そういえば全然関係ないけれど、先月の終わりに日本精神神経学会が、子どもの病名で「障害」とつくものの多くを「症」に変更することにしたみたいですね。
私はもう子どもどころかアラウンド30の部類になります故に本当に関係ないのですが、「パニック障害」が「パニック症」とかになるんだってさ。
そして私の友人にもいる、「性同一性障害」の病名も変更だそうです。
あれね。実際の身体と、心の性別が一致しないやつね。
へぇー。何になるんだろーと思って記事を読んでいたら、



「性別違和」。




なんかワロタ。



んじゃ皆。またにん✪



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ

追記にて前回の拍手コメントのお礼を書かせて頂きます。

続きを読む >>

関連記事
スポンサーサイト

果テライト【Ⅰ】

2014.06.14 15:02|キャバクラ体験記
これは私が高校を卒業し、今後の進路に思い悩む訳も無く、只フラフラしていた18歳の頃のお話。

正確に書くと、私は高校二年生の時にメンヘラな私が活性化運動を始め、留まる気配も無く、暴走に暴走を重ねた結果、5段階評価の通知表に△との謎の烙印を4つ、いや5つだったかな、を押され、当然の如く留年をしました。

厨二病をこじらせまくっていた私は、学校の廊下などでも常にハサミやカッター、剃刀を握り締めて歩いているという、思い出すともう恥ずかしいを通り越して、今すぐ誰か殺して下さいな状態でした。

当時はリストカットなんてまだまだ教師たちも「え?なにそれ?」と認知されていない時代で、それはもしかしたら私の通っていた高校が底辺レベルだったせいかもしれないけれど、とにかく校内の教育者でリストカットを理解出来る人などはおらず、私は多分"問題児"に分類されていたと思います。

留年をしてからというもの、クラスメイトは全員が年下。
話し相手がいなかった私は、偶に出る授業でも、授業中に教科書に熱心に向かうことも無く、持参した彫刻刀で机に向かって熱心に和彫りの練習をするという奇行ぶりでした。

私が机に彫り物をすると、教師たちは夕方だか夜だか知らないけれど、机を新しいモノに変えてきます。

そしてまた彫る→変えられる→また彫る→変えられる→エンドレスでした。

でも新品の机だろうが何だろうが、あまりにも私がザクザクと抉り彫るものだから、見かねた教師たちから、


「油性マジックなら許すから!」


と言われたのを今でも覚えています。


こんな学生生活だった為、留年したところで勉学に向き合うことなど一切ありませんでした。
このブログを読んで下さっている方ならよくお分かりだと思いますけれど、私の知能レベルは真面目に小1で止まっています。

じゃあ何故、高校への進学が出来たのかという話なのですが、これは面接&作文のみで何とかクリアし、進学が出来ました。
あるぐさんの中学校の成績では、5教科の試験を受けると合格率が10%以下だった為、これまた教師たちが頭を悩ませた結果、5教科試験を受けなくてもいい"推薦入学"という手段での進学と相成った訳です。
なので私は"受験勉強"の経験が一度もないです。そしてこれからもきっとないです。これほど自慢にならないこともないです。

そして高校二年生を二回堪能し、二年生の席から卒業生である友人Yちゃんの卒業式を見納め、私の高校生活は終わりました。

卒業式後は、Yちゃんと記念プリクラを撮ったなぁ。

Yちゃんが卒業証書を持ち、私がその証書が収められていた筒を持つという、卒業詐欺プリクラです。


と、いう訳で、前置きが長くなりましたが、初っ端からサラっと高卒であると嘘を書いた中卒のあるぐでっす。


こんにちわわ✪


今日はカテゴリ通り、久々にキャバクラ体験記を書いてみようかと思います。
2012年の記事でも一度書いているのですが、削除してしまったのでね。
何となく改めて書いてみようかと思いました。


だから先に警告を入れておくね☆


※長文注意。


では綴っていきたいと思います。

私は高校の頃から、家の近所の古本屋さんに足繁く通っていました。
個人で経営をしている小さな古本屋さんで、近所にここ以外に本屋が無かったこともあり、通い続けること2~3年。
気が付けばコミュ障の私も店主さんと少しずつお話をするようになり、17歳になった頃には、


「私を雇って下さいぃぃぃいい!」


と直談判をする程になっていました。こうゆう距離感を掴めていない突発発言もコミュ障の成せる技だと思います。
でもこの古本屋さんはアダルトコミックやDVD等も扱っていたので、店主さんからは「18歳になったらね」と言われていました。


そうして高校生活が終わり、卒業詐欺プリクラの後、私は古本屋でアルバイトを始めました。
時給は確か780円だったかな。当時は知らなかったけど、これはかなり安いみたいだね。
でも業務と言えば、狭い店内の掃除と、偶に来る本やDVDの買取査定くらいなもので、あとはずっと椅子に座って自由に読書。
こんなので780円も頂いて良いのですか?というくらい楽なバイトでありました。


その時、私はアダルトコーナーの掃除にて、日本では珍しいカニバリストの佐川一政がAV男優デビューをしている事を知りました。
すげぇどうでも良い話だけれど。
知らなくても余裕で生きていけるし、寧ろ視界が汚されて不愉快でした。
だからこそ鮮明に覚えているのですが、私がこのアルバイトで得た知識はこれくらいだということです。


私が10代の頃は"ギャル男"と呼ばれる色黒のサーファー系が衰退して行き、新ジャンルの"お兄系"というものが流行った時期でした。
白色のパンツの後ろポケットに、ヴィトンの長財布を突っ込んでいるのが特徴だったと思います。
トップスは様々だったと思うのですが、何故か皆白いパンツで、必ずハイブランドを一つは見えるところに取り入れるファッションでした。
人によってはやり過ぎ感が否めない全身ブランド男子もいました。

女子も"ギャル"から"お姉系"と呼ばれるファッションへ移行。
OLがするような大人ファッションが、10代の間でとにかく流行りました。
茶髪に巻き髪が定番で、スカートは膝丈タイト系。
トップスはカーディガンとのアンサンブルがバカみたいに流行っていました。

私も当時その波に乗ってしまったせいかは分かりませんが、今現在こそ、そのお姉系ファッションとやらに相応しい年齢になったにも拘らず、飽きてしまったのか私服は超カジュアルです。
仕事が出来なさそうな香りがプンプンするゆるゆるファッションです。いや、実際に出来ないので良いのですけどね。


んで、脱線しまくりですが、18歳の夏。
そのお姉系ファッションとやらで身を包んで神戸を歩いている時のことです。
当時はもう兎にも角にもスカウトマンやキャッチで溢れ返っていた時期でした。
お姉系はとにかく老けて見えるので、ホスト系のキャッチは凄く多かったと記憶しています。

そしてスカウト。これも吐いて捨てるほどいました。もう形振り構わずって感じ。
スカウトと言ってもモデルとかじゃないですよ。殆どがお水系。

男性とカラオケに行き、飲み放題2時間で○万円!とかいう変な求人もあった。
女性側は二人組で行くのが基本らしく、スカウトマンも二人組の女子ばかりを狙っていました。
実際のカラオケ中の写真を何枚もアルバムに収めて、声を掛けた女性にはそのアルバムを何度も見せて「一人じゃないから安心でしょ!?」と言ってくるの。
当時は援助交際の延長かなと思っていたけれど、今思えば何かの出会い系サイトのサクラだったのかなと思います。


で、まぁその日もいきなり声を掛けられました。


「お姉さん一人?」


で、まぁコミュ障の私は勿論テンパる。


『え、あ、はい…』


今まではいつも友人といる時にこの手のスカウトに声を掛けられていたので、対応は全て友人にお任せしていたのです。
対応って言ってもフル無視が基本なのですけれどね。
でも返事をしてしまった時点でこちらの負けです。


「お姉さん学生さん??」


『いえ…』


「社会人かな?今日はお休み?」


『アルバイトです…今日はお休み…』



真面目です。あるぐさん真面目に答えています。



「キャバクラって興味ない?」


『無さ過ぎます…』


「あれ?どうして?」


『え、どうしてと言われても…』


真面目です。あるぐさん真面目に考えています。


するとすかさずスカウトマンのお兄さんが言います。


「今日暑いね。喉渇いてない?良かったらどこかでお茶しよう」


『え、あ、えっと…』


と言うのも束の間。



オレンジジュース美味ひい。



チョロイです。あるぐさんチョロイです。
暑かったのです。とても暑くて喉が渇いていたのです。

スカウトマンのお兄さんは先にも書いた大流行中だったお兄系ファッションで、年齢は25歳くらいだったと思います。
茶髪ゆるふわパーマに、それはもう譲れないものなのか白のパンツでございました。
お兄さんはアイスコーヒーを飲みながら聞いてきます。


「どうしてキャバクラに興味ないの?」


『どうもこうも苦手です…』


「お酒弱いとか?」


『それもあります…』


「別に無理に飲むことはないよw」


『はぁ…』


「同世代のお客さんも多いからきっと楽しいよ!」


『いや、それがもう無理なんです…』


「飲み会みたいなノリだから大丈夫だよ?」


『すみません。飲み会に出席したことがないんで分からないです…』


「あっ…(察」


『分かって下さいましたか…』


「えーーっと。あれかな。要はチャラチャラした感じが苦手なのかな」


『ですです』




「じゃあ北新地にしよっか^^」




待ちたまへ。



いやね、無能のあるぐさんだって北新地は知っているレベルの場所だよ。
"東の銀座、西の新地"って言うくらい高級クラブが並んでいる所でしょ?
何を言っているのこのお兄さん。頭おかしいのが伝染しちゃったのかな。



「うん!そうしよう!北新地のお店にしよう!」


『いやいやいやいやいやいやいや』


「でも北新地なら落ち着いた客層だし安心でしょ?」


『いやいやいやいやいやいやいや』


「時給も体験で4000円は出せるしね」




『ほぅ…?』




釣られました。あるぐさん完全に時給で釣られました。
普段780円×5時間で働いているあるぐさん。
その一日のお給料がたった一時間で得られる。


「じゃあいつ行こうか?」


『え』


「面接^^」


『えっと、あっと、』


「よし、まずはメアド交換しよ!それで日にちはまたメールで決めよう!」


『あ、はぁ…』


と、こうしていとも簡単にスカウトマンに引っ掛かったあるぐさんはとりあえず帰宅。


部屋で転がりながら、本棚から漫画「女帝」を取り出し、改めてパラパラと読みました。
この漫画は主人公の"彩香"が大阪のスナックから水商売を始め、銀座の高級クラブのママにまで出世し、最後は政界までもを動かす"女帝"にまで上り詰めるサクセスストーリーです。
途中、主人公は出世の段階として、北新地でも働きます。
描かれているのは女性たちのナンバー争い。軽いいじめから始まり、果てには硫酸を持って襲撃してくる女性まで出てきます。
そして飛び交う政治や株価の話。



無理っしょ/^o^\



という訳で奥さん(母)にレッツ相談。
18歳で未成年の私。まだまだ親の保護下にいる私。
今でも保護されている現状は考えると死にたくなるけれど、その時は未成年だったからね!
まずは奥さんがどう思うかを聞かないとね!


『奥さん…。今日キャバクラのスカウトされたんですけど…』


「えぇ?それで?」


『体験アルバイトが出来るらしくて行くか悩んでいるんですけど…』


「えぇ?でも夜のお仕事なんて危ないじゃない!」


『やっぱりそうですかぁ…』


「あるぐちゃんお酒も飲めないし!」


『ですよねぇ…』


「しんどいわよきっと!」


『ですよねぇ…』


「水商売は本当に大変な仕事よ!」


『でも時給が4000円なんですよね…』


「あるぐちゃん…」


『あ、はい』




「夜の蝶になりなさい…」





オックサ――(;இдஇ )――ン!!!




それから数日後、私は北新地へと旅立つのであーる。



【続く】



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ

追記にて前回の拍手コメントのお礼を書かせて頂きます。

続きを読む >>

殲滅戦

2014.06.24 08:20|リストカット
バントでラインがスペシャルあははー!!

なんだよ負けたのか。9時間どこに消えた。

部屋着が黒で良かったね☆

バリバリになってるよ!袖がさぁ!

腕と布地がくっついて!剥がす時にバリバリバリバリ!

バーリーバーリーさぁーいーきょーおーなーんーばぁーわーん!!

なるほどぉー!!

ほんと!きょーおーかーらーいーちーばーんーいーちーばーんーだー!!

テッテテーン!テッテッテー♪テッテッテー♪

おっ。揺れますな。ぷるぷる。天才め!

そうだよね!気にしちゃいけないよ!!

って逆じゃんね!正気でイカれてるのはどーっちだー?

突き抜けるの好きだよ。好きな人に限ってそう言うね。
だから好き。突き抜けるのが。好きな人に限ってそう言うから。
好きなんだよ。突き抜けるのが。そう言うからね!

カンガルーじゃないしスカンクでもないけどさ。

与えてくれない?与えてあげようよ!

その空気が欲しい。やっぱりメモを取るべきだったね。
思い出せない。悔しいのぅ!悔しいのぅ!
これは只のビタミン剤じゃ…!!!
あはははははー!!!

花火。

全然違う人種だ。生き様も発想も。

髪伸ばすよ。目が隠れるくらいにね。

ライトが消える度に画面に映る目は二重だね。そんなもの消してしまえ!

不愉快なんだよ!

熱気と感性とその卓越した頭と声で全てを引き裂いてくれよ!

メモを取らなきゃ話にならないな。
ここまで飛ぶとは思いもしなかった。
負けた負けた。あんたの勝ちで良いよ。
そこまで価値があるとはね。驚きだよ。

そこに行きたい。行きたい。行きたい。
だって鳥肌が治まらない。未だに冬布団だよ。

で!

何か食べた方が良いんじゃないの。
あ、そうそう。食べなきゃね。お薬も飲まなきゃね。

そうそう!仕事にも行かなきゃね!!!

あははははははー!!!


最後だよ。


いつになったらお腹は空くの。


おまえ病気だよ。



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
関連記事
✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。