スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジと黒

2013.11.04 23:34|逃避行
デパスニなーう。


んあーまたーり。にょろろん。


えっと世間では3連休でしたっけ?


へー。


ほー。


ボクは今月30連休だよ!


3連休って今日で終わりだっけ?明日もだっけ?
んー。もう日付の感覚も曜日の感覚も、シャワーを浴びたら流れたおろろ。


2日連続でなんとかPC前に座れていますなーう。


今日は朝、昼、晩と食事が摂れました。
奥さん(母)は嬉しそうです。
私は胃が超ヘビィで今にも喉からロマンが溢れ出しそうです。



さて、折角なので前回の続きを書こうと思います。


今日もいつまでPC前に座っていられるか分からないので、書けるところまでチャレンジ。
既に脳みそが砂時計状態なので、挫折する可能性大です。




10月25日の通院で、11月も休養が決定したあるぐさん。
自宅でゆっくりお休みするようにと主治医に言われた側から、




逃亡を決意。



いやいややってられないんですって。
もう自宅でゆっくりなんて、針山でスキップしろって言っているようなもんですよ。
要するに無理なのです。無理なのです。
この狭い空間に溶け込めない。溜息で充満したこの空間。
奥さん(母)にとって私は異物なのです。異物なのです。



病院から帰宅した私はお布団に包まりながら考える。



明日になったら逃げ出せる。
この家から抜け出せる。
一日で良い。一日だけで良いから遠くへ行きたい。
とにかく兵庫県から出たい。
逃げたい。逃げたい。逃げたい。



疲れ切った私は枕に顔を埋めて考える。



調べたら岡山県って隣の県かよ。
なのに片道3時間以上も掛かるのかよ。岡山が来いよ。
きびだんご興味ねぇよ。桃から生まれるとかどんだけ未熟児よ。
でも逃げたい。逃げたい。逃げたい。



そんな事をウガウガと考えていたら、気付けば眠っておりました。
勿論、お薬は投下済みです。
何時に眠ったかなぁ。割と早かった気がする。




そうして翌日の岡山県に出発する日の朝。



分かってはいたけれど早朝覚醒しました。しかも4時とかに。
まだまだ暗いの。お外が。
煙草に火を点けて、換気扇を回して、友人に『早朝かくせーい!』とLINEをすると、「おやすみ」と即レスがきました。



しくしくと大人しくお布団に戻るあるぐさん。
なんとなくレボトミンを投下したらすんなり二度寝出来ましたでごじゃりまする。



次に起きたのは7時でした。
この日は台風が来るとか何とか言われている日だったのですが、どうも逸れた模様。
奥さんがベランダのカーテンを開けて「良い天気だわ~」とか言っていました。



それと同時に岡山県で待ってくれている友人からもLINEが入りました。



「台風逸れたね。待ってるわー」


『大丈夫。私の心はハリケーンさ!』


「黙って来なさい」



待ち合わせは16時に岡山駅でした。
なので13時に家を出発したら間に合いそうな感じ。
もう午前中に出発してしまおうかとも思ったのですが、異国の地でフラフラと夕方まで時間を潰すのには、私の体力は足り無さ過ぎだったので、諦めました。



再びお布団に舞い戻ってぬくぬく。



相変わらず今日も鬱ですなーとか考えてた。



11時頃だったかな。支度の開始です。
なんだか肌寒かったので、お風呂を沸かしました。
湯船に浸かって、身体を暖めながら、スマホで音楽を聴いてボーッ。



相変わらず今日も鬱ですなーとか考えてた。



お風呂から上がって特殊メイクをして、旅支度です。
お薬とかお薬とかお薬とか。
これだけは忘れれない。何錠必要になるかも分からない。
なのでザックザク持って行くことにしました。
勿論スニッファーケースも忘れずにね☆
ってやってたらパンツ忘れそうになった☆☆



出発前にサインバルタを服用。
でもこれから3時間も電車に揺られることを思うと不安になってソラナックスも追加。
ちょっと多めに飲みました。6錠くらい。えへ。
それと最寄の駅まで歩く自信が無かったので、またーり行けるようにデパスもスニスニ。えへ。



そんな訳で13時半頃に家を出発。



※既に予定より30分遅れているのは仕様です。



家のリビングのテーブルには『しばらく帰りません』との置手紙を残してきました。




なんてのは嘘で、奥さんにはメールで『友達のところに泊まってきますー』と送信。



最寄駅まではスマホでクリープハイプを回していたら余裕でした。
とろろんと行けました。というかあまり記憶が無いです。


電車はタイミング良く特急列車がやって来て、待つことも無く座席確保ー。
このまままずは神戸まで出ます。20分くらいかな。
まだまだお薬が効いていたので気が付いたら到着していました。



さて、乗り換えですか。次はJRさんですか。
ってことで改札を潜りJRの駅を探すも早くも迷子わろす。
学生時代、ほぼ毎日と言っても過言では無いくらい歩き回っていた街なのに、ここは何処だ。
あかん。薬あかん。思考が追いつかない。
ボケボケのフラフラでファッションビルなんかに入って、見たこともないスーパーの中を通り抜けて、エレベーターにも乗って、なんとか発見しましたよJR。
3分で行ける距離を20分くらい掛けてしまった。
まぁ急がば回れって言うしねー?



切符売り場に辿り着き切符を購入。
目的地は岡山なので、岡山までの切符を買わねばならないのは当然の話なのですが、運賃表を見ていると離人しそうだったので、適当にちゃちゃっと買いました。
900円くらいのやつ。まぁ乗り越し清算すれば良いしね。



まずは姫路駅を目指します。姫路城があるところ。
駅にはご丁寧に「姫路行きはこちら」みたいな表示があったのでスムーズぅ。
ホームで暫し待つこと5分。なんか電車がやって来た。



「播州赤穂行き」って書いてある。




うん。漢字読めない。




んんんんと悩み、とりあえず乗ってみました。
本当に行き当たりばったりだよね。あるぐさん。
車内は割と混んでいて、私はドア付近に寄りかかって友人にLINEを送信。



『早くも私のライフは3くらいだ』


「終点の播州赤穂に何時着の電車?」


『知るわけないだろう』


「アナウンス聞けやはげ」



あるぐさんちょっとイラっとした。

ハゲてないし!あるぐさんハゲてないし!



なんて思っていたら姫路に到着していて、岡山に行くにはその更に先の駅で乗り換えのご様子でした。
姫路はやっぱりそれなりに大きい駅なのかな。
沢山の人が下車して、その倍の人が乗車してきました。
ああ嫌になっちゃう。
でもここですかさず窓際の席をゲト出来たので、一安心です。



再び何十分か電車に揺られ、どうも乗り換えの駅に着いたっぽい。


とりあえず下りてみる。


目の前に黄色い電車がある。


とりあえず乗ってみる。


また窓際に座る。



出発。



ここからは景色が良かったなぁー。
どんどん街が減っていくの。
どんどん家が無くなっていくの。
どんどん人が消えていくの。
その内、山とか川とか田んぼとか廃墟とかばかりになってさ。
スマホでThe White Stripesを聴いていたのだけれど、そのメロディが妙にハマってね。
5歳くらいの頃に、軽トラックの荷台に乗って山道を走っていたのをなんだか思い出した。



ちょっとおセンチになったりもしたけれど、来て良かったなぁって思った。




まだ着いてないけど。




時計を見ると時刻は待ち合わせの16時を迎えていました。
すると岡山駅で待ちわびている友人から再びLINEが来ました。



「今何駅?」


『知らんぞ』


「知れよww」



いやぁ。景色ばかりに見惚れていてね。
アナウンスなんて全然聞いていなかったわ。
そもそもイヤホンしてますし。ジャックの歌声最高ですし。
その上、この電車で合っているのかすらも怪しいですし。



でもイヤホンを外して次の停車駅のアナウンスを聞き、友人に駅名をLINEで伝えたら何とか合っていました。



いやはや何とかなるものね。
アナウンスは「東岡山~」とか言っていた。



あっ。


ってことはもうここ兵庫県じゃないんだ。



兵庫県から脱出出来たんだあああああ。



ひゃああああ☆☆



と盛り上がっていたら、岡山駅に到着していました。


うあっ。下りる下りるううう。


JR岡山駅は思っていたよりも大きかったです。
途中、通過してきた屋根も無い椅子も無い寂れた駅たちとは大違いだった。
とりあえずホームの階段を上ってみる。



おうおう。でかいな岡山駅。



んでもって人がわんさか溢れておる。



なんかね。色んな方向に色んな人が歩いていてさ。
色んな服で、色んな色で、色んな顔で。



あーー(眩暈



ここで友人から再びLINEが入りました。



「東口から出て、噴水があるからそこにいて」




おk。東口ね。おk。噴水ね。おk。


探そう。東口とやらを。


行こう。噴水とやらへ。



…………。



トイレは何処かしらん?



早速トイレを発見し、個室に篭るあるぐさん。
持ってて良かったスニッファーケース☆
ご丁寧に乳鉢まで持って来ているのだから用意が良いよね。
砕き立てが好きだからね。ここは譲れないの。



時刻は16時半になっていました。
Oh。待ち合わせ時刻からもう30分も過ぎている。



それでもスニらなやってられないって。
友人からの着信を無視してデパスをゴリゴリ。
甘いお粉を吸い上げて、トイレで少しボーっとしました。



よしっ!!(気合い)




さぁさぁ来ましたよ岡山けーん。
この岡山県の友人は、私と遊ぶ時はいつも兵庫県まで遠征してくれていたのですが、今回は初めて私から出向きました。
見知らぬ土地だ。わーい。



東口とやらを探して、なんとか見つかって、なんか階段を下りたら、うん、噴水あった。


あーあれが噴水ね。
でもなんかとてもリア充臭がすると言うか、この噴水周辺は待ち合わせのメッカなの?
とてもじゃないけど近付けないんですけど。
デパスニしていたからまだ良かったけど、それでもやっぱりテンパった。
よう行かん。よう行かんよぅ。
ってことで噴水を遠目にフラフラしていたら、マクドナルドを発見です。
やっぱり岡山にもあるんだ。マクドナルド。
なんて感心していたら再び友人からLINEです。



「着いた?」


『かな?』


「どこ?」


『マクドの前』



そう送信して、俯いてスマホを見つめながら返事を待っていると、いきなり正面から肩だったか二の腕だったかを掴まれました。



『うあっ!』


「よく来たねー!」




『スポンサー様ぁぁああ!(涙)』




そうなんです。そうなんです。
この岡山県在住の友人こそが、あるぐさんが今年の9月19日までやっていたあの鬼企画。
「90日間、処方箋を守りブログを更新生活」の偉大なるスポンサー様なのです。
詳しくは過去記事でも漁って下さいませませ。



とりあえずこのスポンサー様という名の友人を、一言で表すなら、



只のニートです乙。




「遅かったね」


『すみません。トイレでデパスニしてた』


「16時から待ってたんだけど」


『どうせ暇じゃないですか』



そしたら頭を叩かれました。暴力反対。
シナプス消えるじゃんかー。



とりあえず岡山までの道のりで3時間以上もの間、煙草を我慢していたあるぐさんは禁断症状。
友人に『煙草吸いたい』と伝えると、噴水の横だったか何処だったか忘れたけど、灰皿のある場所へ案内してくれました。
皆モクモクと吸ってた。だからあるぐさんも黙々と吸った。
美味しいなぁ。煙草。考えた人は天才だなぁ。




と、いう訳で、あるぐさんは無事に岡山県に辿り着き、友人とも合流出来たのでございました。




って、ここまで書くのにどんだけ時間かかってるの私…。



そんなこんなで、逃避行のお話はまた続くのであーる。




ではでは皆さん、今宵もお付き合い感謝でございました。



ばいにん。



↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
スポンサーサイト

インプットされた夜

2013.11.06 21:09|逃避行
私の友人のYちゃんが、ついこの間までハワイへ1週間ほど旅行へ行っておりました。


相変わらずセレブっています。


出発前にYちゃんは「お土産楽しみにしてて!」と言っていたので、あるぐさんは楽しみにしていました。
アロハだけはいらんぞと思いながら楽しみにしていました。


でも3日も経てばYちゃんがハワイに行っている事なんてすっかり忘れていたよ。


「今からスカイダイビング!」なんてメールが来た時は、Yちゃんもとうとう自殺でもするのかと思った。


そんなYちゃんから昨日、ハワイ土産を貰ったよぉ。
赤い紙袋を渡されたよぉ。


なにかな。なにかな。


アクセかな。コスメかな。雑貨かな。


ゴソゴソ。



LEGOでした。(対象年齢3歳)



あれね。ブロックの玩具ね。


いや、好きだけどさ。LEGO。
嬉しいけどさ。LEGO。
あるぐさんが馬好きなのを知っているYちゃんは、馬のLEGOを買って来てくれました。



対象年齢を10倍近く上回っているのはこの際置いておいて、また後で組み立てようと思います。



「で、あんた岡山土産は?」


『あ、何もないです』


「えーないの?」


『きびだんご欲しかった?』


「いらん」


『でしょう』


「で、気分転換にはなったの?岡山」




ってことで、今日のブログも岡山県への逃避行の続きでございます。
前回のブログは到着までで力尽きた。
でもあれだけ記憶があるのは嬉しいことでさ。
まぁ滅多に旅行なんてしませんし、出来るだけ記録に残したいんだよね。
なので自己満足全開ブログだけど今日もお付き合い下さいませませ。



10月26日。
岡山県に待ち合わせ時刻である16時から、40分遅れで到着した私を、スポンサー様の友人は暖かく迎えてくれました。



この日のお天気は曇りだったかな。
可も無く不可も無く、過ごしやすいお天気でございました。


喫煙所で煙草を吸いながら、岡山県の空気も吸いました。
なんとなーく、兵庫県よりも空気が綺麗な気がしました。



煙草を吸い終えると友人が言う。



「居酒屋予約しておいたけど、まだ時間あるなぁ」


『ふんふん』


「ちょっと歩ける?」


『歩ける歩ける』


「じゃあ折角岡山県まで来たんだし、後楽園くらい見ておきなさい」



ってことで後楽園とやらに連れて行かれました。
話を聞くと日本三大庭園の1つだそうな。
友人に『あとの2つは?』と聞くと「知らん」って返ってきたけど。



後楽園へ向かう道中、私はボーっと街並みを見ておりました。
良いねぇ。知らない景色。
新鮮だねぇ。見知らぬ景色。



友人は気を遣ってくれているのか色々と話してくれました。



「ここが桃太郎通り」


『へー』


「あれが路面電車」


『ほー』


「あっちが髙島屋」


『ふーん』


「んでこの先がロフトで」


『あのぅ…』


「ん?」



『そうゆうバスガイド的なやついらないんで…』



また頭を叩かれそうになりました。
いや、叩かれたっけな。覚えてないや。



そうしてJR岡山駅から15分くらい歩いたのかな。
んーもっと歩いたかなぁ。
あるぐさんデパスニで脳が湯豆腐だったから、この辺の記憶はもう曖昧。



とりあえず着いたらしく、少し急な階段を下りると、そこには水面が広がっていました。
水面の向こう側には森林。その森林の中が後楽園だそうです。
ちょっと分かっていないけど、確かそんなことを友人が言っていた気がする。
違っていたらソーリー。
視界の端には岡山城が小さく映っていました。



その辺の石に座って煙草を咥えてボーッ。



色彩が少し霞んでいて、なんだか不思議な気分でした。



1時間は余裕で眺めていれそうだったのだけど、友人が居酒屋を予約してくれていたのでね。
煙草は1本で我慢して、居酒屋へ向かいました。



その居酒屋は友人も初めて行くお店らしく、スマホ片手に道を検索しながらなんかブツブツ言ってた。
私は只でさえ方向音痴だわ、此処は岡山だわで、黙って友人の後をついて行きました。
あるぐさん、日本地図を目の前に差し出されて、「兵庫はどーこだ?」って言われても分からないレベルですからね。



フラフラと彷徨うことまたまた15分。


友人は言う。



「迷子だわw」


『おい地元民』



ってことでお店探しツアーが始まっちゃいました。



「あるぐ、××っていうお店見掛けたら教えて」


『ほい』


「って、あるぐ視力良かったっけ?」


『コンタクト入れて0.3だった』


「意味ねぇー」



そんなこんなでとてもウロウロしました。
気付いたら景色も夜になっておりました。



『えーっと。まだ着かないですか?』


「待て待て」


『あっ。あそこ入りたい』


「どこ?」


『あの"忍者屋敷"って書いてあるとこ』




「あれ風俗だよw」




あるぐさん、後楽園よりも忍者屋敷の方が気になったわー。
メニュー表は巻物なのかなとか考えてた。
やさぐれていたから体験入店したろかと思った。



そんな事を考えながらテクテク歩き、友人は居酒屋に場所確認の電話を掛けたりしていて、最後は店員さんが迎えに来るというよく分からない展開になったものの、なんとか到着。



酒だ酒だあああああ。



って1杯目、何を頼んだかもう忘れた。



食事の方は、友人が色々とメニューを見ながら注文していたけれど、私は食欲がまるで無かったので、ほぼ手をつけませんでした。
でも朝から何も食べていなかったし、悪酔いしても困るので、カンパチのお刺身を2切れだけ食べました。
友人はから揚げをガツガツ食べてた。
とにかく食べてた。食べるって言うか食らうって感じだった。



友人の満腹中枢も満たされたところで聞かれます。



「で、何があったの?」


『何もないっすよ…』


「いやいや聞くから話してみ?」


『何もないっすよ…』


「良いから話しなってー」



うるせええええ。(心の声)



あるぐさん、とりあえず飲んだ。
飲まなきゃやってられないっすー。
一緒にいたのがスポンサー様じゃなかったら、絶対にハルシオン一気してたっすー。



嗚呼、お酒美味ひい。煙草も美味ひい。
個室だったのを良いことに遠慮なく体育座りをして寛いだ。
まぁあるぐさんはカウンター席でも体育座りをするくらい、洗練されたマナーの悪さを持っているけど。



「まぁでも3ヶ月間よく処方守ったね」


『ホントそれ』


「頑張った頑張った」


『はよ財布寄越せ』


「何か良いの見つかった?」


『いや、全然見つからん』


「まぁ29日に大阪行くし、その時に決めよ」


『ですねー』



居酒屋には何時間くらい滞在していたのかなぁ。
私も友人もお互い喫煙者だからすぐに灰皿が煙草で埋まった。


とにかく乙ってた。あるぐさん。
会話という会話がしんどいから黙ってボーっとしていた。
兵庫県から脱出出来ただけで、もう満足だったし。
こうゆう時、無理に話さなきゃいけない相手だとしんどいのだけどさ。
あるぐさん、意外と気を遣うタイプだからね。
でもこの日ご一緒だったのは誰もが夢見るニート様だったし。
楽です。楽。って、あ、ニートなのは関係ないか。失礼。



何杯飲んだっけな。
そんなに飲んではいないと思うのだけど、友人に「その辺でやめとき」って言われて、うるせぇよってまた思ったけど、素直にやめました。
今こうやって頑張って思い出しながら書いているけれど、何を飲んだのか本当に思い出せない。
カシスオレンジとかだっけ。うーん。
お会計はご馳走になりました。
ニート様なのに申し訳ないです。ありがたや。



「さて、あるぐこの後どうする?カラオケでも行く?」


『いや無理っすしんどいっす』



会話ですらしんどいのに歌なんてよう歌いませんって。
この部類のカラオケ好きのあるぐさんが、カラオケを拒否るって本当に珍しいなと自分でも思いました。



「じゃあ宿探そかー」


『だねー』



途中、コンビニに寄って、コンタクトの洗浄液と煙草を購入しました。
お酒も買おうか悩んだけど、もうやめておきました。
友人は居酒屋であれだけから揚げだとかその他色々を食らっていたのに、またお菓子を買っていました。



『え。まだ食べるの?』


「別腹別腹」



とか言いながら、着実に友人の体重は増加しています。



コンビニを出た後は適当に歩いて、適当にホテルを発見。
予約も何もしていなかったので、フロントにて聞いてみるとお部屋は空いていました。
本日の宿、ゲトです。っしゃ。



お部屋に着くなりベッドに倒れ込むあるぐさん。
やっぱりするよね。ベッドへのダイブ。
あるぐさんこれ好きなんです。



友人はTVを点けていました。
確か映画の「アルマゲドン」が放映されていた。
でも私も友人も観たことがあったので、適当に見流していました。



嗚呼、疲れた。疲れた。



メイク落とすのだるー。

お風呂に入るのだるー。

トイレすらだるー。

生きるのだるー。



とにかくベッドで溶けていました。
もうメトメト。トロトロ。ふにゃー。



でも友人が「先にお風呂入って良いよー」と言うので、気合でメイクを落としてお風呂を済ませました。



浴室から出ると眠りこけている友人。
声を掛けても「あと5分…」とか言っていて、面倒臭かったので放置しました。



さっさっ。
程よくお酒も入っているし、お薬投下しよしよ。
グルグル回そ。楽し愉し。



この間の診察でロヒプノールが復活ひゃっほいだったので、いそいそとスニりました。



あひゃーーー(崩壊



本当に気持ち良いなロヒスニは。
なにこの爽快感。たまらんぜよー。
後はロゼレムとハルシオン少々とデパス少々とソラナックス少々とレボトミン少々を投下しました。



ふかふかベッド。


ぷかぷか煙草。


嗚呼、楽し愉し。


と、一人で満足していると、友人は起きたのか浴室へ向かっていました。



私はどんどんと意識が朦朧としていきました。
シャワーの音が微かに聞こえてきます。
なにやら友人は浴室で歌を歌っている模様。



これ何の曲だろう…。




という記憶を最後に私の意識はプツンと途切れました。




驚くほどにコテンと落ちた。




こうしてきびだんごの国での夜は更けていくのでした。




ではでは長くなりましたので、この辺で。




今日もお付き合いありがとうね。



まったにん。




↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ

指先の味

2013.11.08 23:24|逃避行
誰だ!


私の前頭葉に時限装置を仕掛けた奴は!


チックタックとデジタル数字は減っていく!


ダメだ!爆発すんぞ!吹き飛ぶぞ!



















ピロロロロロロロ!




というスマホのアラーム(飛び起き音とかいう設定)で私は目が覚めました。


起きるとそこはふかふかベッド。


窓からは健やかな陽射しが舞い込んでいました。


眩しいっちゅーねん。


ってか、なんで枕元に窓なんてあるの。




あっ。




ここきびだんごの国か。




ってことで岡山県への逃亡記録のまたまた続きでございます。



岡山県への道のりのお話はこちら


岡山県での1日目のお話はこちら



そんなこんなでホテルにて起床。



10月27日。岡山県2日目。



私が設定していたバカでかいアラーム音で、友人も起きました。


あるぐさんは唸ります。



『眩しいにも程がある…カーテン閉めてぇ…』


「自分で閉めなよ」


『怠いー…』



すると友人は無言でカーテンを閉めてくれました。


時刻は9時。
ホテルのチェックアウトは12時だったのでまだ時間はありました。


カーテンを閉めてもらうと陽射しは大人しくシャットアウトされ、部屋は灰色になりました。
薄暗い部屋、無機質な椅子、無機質なTV。
それらを眺めながら煙草を取り出して一服。
カーテンを閉めるのは怠いけど、煙草は吸えるという矛盾。
頭の中では寝起きも早々に色々と脳内会議が繰り広げられていました。
嗚呼、うるさい。



そんな会議を中断させ、煙草を吸い終えた後は華麗なる二度寝を披露しました。



そういえばこの日は早朝覚醒が無かったです。



11時頃。友人の声で再び目が覚める。


「あるぐ、そろそろ支度しなよ」


『はーい…』



のそのそとベッドから這い出て、やっぱり煙草。
いつになったらやめれるの煙草。
いつまで経ってもやめるつもりがないのも煙草。



洗面所で歯磨き等を済ませ、メイクアーップです。
鏡の前で職人技を繰り出していると、友人が言います。



「冷蔵庫の中にあったオレンジジュース知らない?」


『ん?飲んだ』


「2本あったよね?」


『ん?あったあった』


「2本とも飲んだの?」


『うん』←満面の笑み



「しばく」



おお怖い怖い。
友人は昨夜のお風呂上がりから何も飲んでいないそうです。
おお可哀想可哀想。


支度を終えると丁度12時前。
チェックアウトのお時間でございます。
忘れ物がないかをチェックして、これが一度じゃ不安で何度も何度もチェックして、気が済んだところで部屋のドアをようやく開けてロビーに出ました。


ホテルから出るとサンサンと降り注ぐ太陽。
昨日の曇り空とは打って変わって、これぞ秋晴れというのを存分に発揮していた。



「さて、あるぐどうする?」


『コーヒー飲みたい』


「んじゃタリーズでも行こうか」



あるぐさんタリーズ大好き。
煙草吸えるし、美味しいし、煙草吸えるし、煙草吸えるし。


タリーズに到着し、メニューを見ると抹茶ラテが私を呼んでいました。
でも!でも!朝はコーヒーって決めているんだ!
朝はブラックのコーヒーと煙草!
これが大人ってもんじゃないですか!



『キャラメルラテ下さい』



喫煙席を確保し、また一服。
本当に煙草を吸い過ぎですあるぐさん。
落ち着いたところで、お薬を詰め込んだポーチを取り出し、サインバルタをキャラメルラテで流し込みました。


「それ薬のポーチ?」


『だよ』


「見せて」


『ん』


「多過ぎw」



なんせ各お薬を1シート以上持ってきていましたからね。
確かに多かった。無駄に重かった。



後から友人に聞いたら、この日の朝のタリーズでの会話はほぼ皆無だったそうです。
友人からは「あるぐどうしたの?」を100回くらい聞かれた。
別にどうもこうも無いんですけどね。
ちょっと心が秋の空ならぬ上の空だっただけです。


キャラメルラテも無くなったところで、友人が「お腹空いた」と呟きました。
あるぐさんも空腹感はありました。
だってこの1週間、全然食べていなかったし。


タリーズを出た後は何を食べようかと話ながら街をブラブラと歩きました。
お散歩です。健全です。
浴びる太陽。私のこの不健全な心も浄化してくれませんかねぇ。



歩いていると色々なお店がありました。
こじんまりとしたショップから、大きな施設まで。
しかしユニクロとGAPは本当に何処に行ってもあるな。



商店街に入るとお寿司屋さんがあったので凸しました。
お寿司が回る。あるぐさんの頭も回る。
でも何とか3皿だけ食べれました。
空腹感はあっても本当に食欲がない。
いつもなら10皿は軽いのになぁ。
友人は相変わらずバクバク食べておりました。
見ているだけでお腹いっぱいになるわ。



お寿司屋さんを後にし、再びノープランな旅は続く。
岡山県って田舎だと思っていたけれど、意外とそうでもないのね。
あ、岡山県民の方、ごめんなさいね。
あるぐさんの独断と偏見だから気にしないでね。



歩いていると高層ビルがいくつか目に入りました。



『飛び降り自殺でもないかなー…』


「メンヘラ発言やめて下さい」



そこそこ歩いているとあるぐさんはお疲れモードになってきました。
如何せん体力が無い。
太陽は私の心を浄化するどころか殺しに掛かってきました。



『あのぅ…どこか引きこもりたいんですけど』


「んーネカフェかカラオケどっちがいい?」


『えっと、じゃあカラオケ』



そうしてカラオケに到着。
友人がフロントで受付をしている間に、店内をぐるっと見回しました。
ドリンクバーはよく見掛けるけど、アイスバーは初めて見た。
これが岡山クオリティなのか。
それとも兵庫県が遅れているの?



カラオケは空いていたのか、案内された部屋はどう見ても団体用の部屋でした。
広いっす。とにかく広いっす。



さぁさぁ。
軽く歌ってストレスとやらを発散して、兵庫県へ帰りますかー。



と思った瞬間、身体中の血管にどす黒い水が流れ込みました。
煙草を持つ手が震える。息苦しくなる。



テーブルにダンッ!と大きな音を立てて包丁が突き刺さる。
何度も何度も突き刺さる。
包丁の柄を持つ手には見覚えがあり、それは毎日私が見ている自分の手でした。
手元から先は怖くて見れない。
私はどんな顔をしているのだろう。
そもそもこれは本当の"私"なのだろうか。


幻覚なのは分かっている。


突き刺さる音も幻聴なのは分かっている。



でも耐えられなくて、泣きそうになった。



友人がトイレだかどこかへ行った時にソラナックスを2錠投下しました。



戻ってきた友人は私の異変に気付いてくれました。
色々と声を掛けてくれました。
他愛のない話もしてくれました。
音もうるさいだろうと、カラオケ画面のボリュームを最小まで絞ってくれました。



でもこれは本当にダメだと自分で思いました。
家に帰る。
只、それだけでここまでなるとは思わなかったです。



「薬飲み?」


『あ、うん…』



既にソラナックスは投下済みだったけど、更に4~5錠放り込みました。
友人からは「ラムネかw」と突っ込まれた。
後ついでにデパスもスニりました。



効いてくるのを待つ。
小刻みに震える膝と手。
カラオケ画面がチカチカする。
次々と画面に現れるアーティストやアイドルが全て肉の塊に見える。
肉が動いている。変なのって思った。



気が付いたらあっという間に2時間が過ぎて、10分前コールが鳴りました。



友人は「1時間延長で」と言ってくれました。



その頃には少し笑えるようになりました。
友人のよく分からない励ましにも応えれるようになりました。
私は友人に聞きました。



『明日って何か用事ある?』


「ん?昼間にちょこっとあるよ」


『そっか』


「どした?帰れない感じ?」


『どうもその様です』


「良いよ。もう一泊する?」


『すみません…』



結局カラオケには3時間いたのだけれど、1曲も歌わなかったです。
音ですら友人の手によって消されていたので無音の空間。
最早カラオケボックスの意味無し。



カラオケを出ると、またタリーズへ行くボクたち。
友人は明日あるはずだった予定の変更の電話をしていました。
私は今朝呼ばれたけれど無視してしまった抹茶ラテを美味しく頂きました。



時刻は18時前だったかな。



夕食をどうしようかって話になったけれど、まぁもういっかって事になって、コンビニでおにぎりを1個買いました。
梅干は栄養があるとか聞いた気がするので梅のおにぎりにしてみた。
友人は昼間にお寿司を食べたにも関わらず、またお寿司を買っていました。
あとは飲み物とか色々。
あるぐさんが独占したオレンジジュースの恨みを晴らすかのようにペットボトルを買い込んでいました。



お買い物を済ませた後は、昨夜お世話になったホテルに再び突撃です。
ただいまーって感じ。
もうあるぐさんの第二の家です。



んで、とりあえずベッドへのダイブはまたやっておきました。



適度に転がった後は、買ってきたおにぎりを食べました。
友人はお寿司を食べながら、「あー昼間もお寿司だったわー」と言っていました。



今更、気付いたのかバカめ。



と思ったけれど言いませんでした。



この日も私が先にお風呂に入らせてもらいました。
サッパリスッキリでございます。
血管を流れていたどす黒い水は、お湯と一緒に排水溝へと流れて消えていきました。



続いて友人が浴室へ。
昨夜同様、友人はまた浴室で歌っていました。
多分AKB48の曲だと思うのだけど、あるぐさん流行にはこれっぽっちも乗れていないので詳細は不明です。



私は友人が浴室から出てくるのを大人しく待っていたのですが、急に躁状態に陥ってしまって、スマホでクリープハイプを爆音で回しました。
ベッドに寝転がって煙草。寝煙草好きなんですよね。
急に楽しくなっちゃって、音と煙と存分に戯れた。



すると友人が浴室から出てくるなり、「隣に響くからやめなさい」と言ってきました。
自分だって浴室で歌ってた癖にぃと思ったのですが、一般常識レベルは友人の方がはるかに上だったのでその通りにしました。



日付が変わる頃。



あるぐさんは言う。



『お腹空いた』



もう眠ろうとしていた友人を叩き起こして空腹を訴えました。



「いや、こんな時間に無理でしょう」


『でもお腹空いた』


「いや、食欲が出たのは良いことだけどもだな」


『あ、メニュー表あるよ』



ってことで、フロントに電話で聞いてもらうと大丈夫とのこと。
なので私はきつねうどんを、友人はハヤシライスを注文しました。



全部は食べ切れなかったけれど、少しずつ食欲が戻ってきて嬉しかったです。
残った分は友人が食べてくれました。
本当によく食べるなこの友人。



そんな友人の口癖は「痩せなきゃなー」です。



食べた後はお薬ターイム。



ロヒスニ、ハルシオン、ソラナックス、ロゼレムだったかな。



ボケる前にさっさとベッドに入り込みました。
ラリるのも良いけど、やっぱりカラオケでの不安発作の再来が怖くて寝逃げすることにしました。



また翌朝に陽射し攻撃をされると困るのでカーテンもしっかりと閉めておきました。



真新しいシーツは心地良かったです。
明日こそはきちんと帰ろう。そう思いながら眠りに就きました。



こうしてきびだんごの国での2日目の夜は更けていくのでした。



さて、皆さんの予想通り3日目もあるからね!
飽きずについてきてね!
ってか近頃、長文炸裂で本当にごめんね!



読んでくれてありがとう。



ではでは皆さんごきげんよう。



まったにん。




↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ

無邪気な目

2013.11.10 14:02|逃避行
今日は雨。ポツポツと雨。


天が私に引きこもれと申しておるのでしょう。


天がそう申すのならそうしましょう。


存分に引きこもりましょう。そうしましょう。


ところで昔「ヒッキー」って言葉あったよね。
当時の私はまさにその「ヒッキー」だったのですが、そのネーミングセンスの無さに、言われる度に不快指数は上がったものです。



昨夜は0時頃に眠り、今朝は8時に起床しました。
早朝覚醒はやっぱりあるけれど、生活リズム自体は安定してきている気がします。
良いことですねぇ。ええ。



朝一で煙草に手を伸ばすと、箱の中身は残り1本でした。
仕方がないので買いに行くことに。


天からの申しつけは早くも無視です。


近頃パジャマで外出するのに抵抗が無くなってきました。
歳を取ると羞恥心が無くなると言いますが、体感しております。
すっぴんでも平気だぜー。



という訳で、おはやうございます。



自販機まで徒歩3分の距離にも関わらず、早くも息切れを起こしているあるぐでっす。



帰宅後、コーヒーを飲もうと思ったらコーヒーが無いでやんの。
お茶ですら無いでやんの。
冷蔵庫にあったのは牛乳のみ。
薬の副作用でやたらめったら喉が渇くので、今牛乳を飲んでいますが、朝一の牛乳ってお腹が痛くならない?



腹痛と格闘しながら、今日も頑張って更新します。
早くも負けそうだけど。お腹がゴロゴロ鳴っている。



勿論、今日もきびだんごの国への逃避行の続きです。


岡山県への道のりのお話はこちら


岡山県での1日目のお話はこちら


岡山県での2日目のお話はこちら



10月28日。岡山県3日目。



この日は早朝の4時だか5時だかにホテルにてムクリと覚醒しました。
前日はよく眠れたのにまた早朝覚醒かぁ…と少し悲しくなってみたり。



友人の方を見るとガン寝真っ最中。
起こさないようにとそっとベッドから出て、椅子に座って煙草に火を点けました。
スマホで少しネットをして、トイレに行って二度寝をしようと立ち上がると、



ゴンッ!ガッターン!



激しい貧血&眩暈で壁に激突してテーブルが倒れそうになりました。


え、なにこれ。


頭がグワングワンして、真っ直ぐ歩けない。
それでもトイレを目指して歩くも、足元は言うことを聞かず絡まりまくり。
壁に手をつきながら何とかトイレまで進みました。



因みにあんなに大きな音を立てたにも関らず、友人はやはりガン寝真っ最中でした。
余談ですがこの友人は、「おやすみ」という言葉の3秒後にはもう寝息を立てるという特技を持っていることを今回の旅で知りました。
貴様はのび太かと思った。



トイレを済ませ、フラフラと再びベッドに戻るあるぐさん。
頭痛が酷い。目を閉じても眼球が回る。
頭までお布団を被って、胎児のように丸まりました。
今日できびだんごの国も終わりかぁと思うとちょっとションボリした。



んで。



10時頃にまた枕元のスマホのアラームが鳴り響く。
どうやら二度寝は成功したようです。
先に友人が音に気付き、私を起こしてくれました。



前日の夜に陽射し対策の為にカーテンはしっかりと閉めておいたので、部屋の中は暗いまま。
なので朝という感覚が無かったです。
ベッドが気持ち良くてウガウガ。
あるぐさんは普段、家ではお布団なので、余計にベッドのふかふか感が気持ち良かったです。



チェックアウトは前日と同じく12時。



ギリギリまでベッドに抱かれて、癒されて、11時頃に支度を開始しました。



歯磨きをして、洗顔をして、スキンケアをして、メイクをして。
ってすげぇ面倒臭い。女子とは本当に面倒臭い生き物だ。
そういえばまた余談なのだけど、アイラインを瞼の内側に引くのは良くないって本当なのかな。
あるぐさん、ガッツリ引いているんだけど。
何か支障があるのかな。
今ちょっとGoogle先生に聞こうかと思ったけれど、面倒でやめましたなう。



11時半頃には準備完了でございます。
洗面所が空いたので、TVを見ていた友人が、続いて洗面所へ向かいました。



サインバルタを服用して、付けっ放しだったTVを見ると天気予報がやっていました。
画面にはでかでかと「岡山」の文字。
あーここは本当に岡山県なんだなぁとしみじみ思いました。



友人も支度を終え、12時にホテルをチェックアウト。
さよなら。ふかふかベッド。さよなら。第二の家。



早朝に謎の貧血&眩暈に見舞われた私ですが、この頃にはそれらも治まり、気分も悪くなかったです。



「あるぐご飯食べれそう?」


『うん。食べれそう』


「じゃあどこか入ろうか」



JR岡山駅周辺まで歩き、初日に友人と待ち合わせをした噴水に行くと、中年女性が一人で踊っていました。
もう秋も深まるこの季節に、半袖のワンピースを一枚だけ着て。
お顔を見ると、明らかにメンヘラーでした。
表情で分かるよね。人のこと言えないけど。



JR岡山駅には色々とお食事処がありました。
でも丁度、時刻は真昼間なもんだからどこも混んでる。賑わっている。
ワイワイガヤガヤと様々な音が耳から脳髄に飛んできて、危険信号が発令されました。
とにかく座りたい。歩けない。もうあかーん。
と思っていると友人が聞いてきます。



「あるぐパスタ食べれる?」


『あ、好きです』


「ちょっと混んでるけど平気?」


『あ、大丈夫です』



ということで昼食はイタリアンに決定しました。
店名はなんだっけな。
チェーン店だった気がするのだけれど覚えてないや。



店内はハロウィンが近付いていたこともあり、超オレンジでした。
至る所にカボチャ。どこを見てもカボチャ。とにかくカボチャ。


そして客層はファミリーが多く、子供が泣く、喚く、叫ぶ。
入る前に友人には『大丈夫』と言ったものの、中々厳しい環境でございました。
一人だったらすぐさま逃亡していた。
って既に兵庫県から逃亡していますなうだったけど。



友人はトマトのなんちゃらパスタを注文していました。
私はアサリのなんちゃらパスタを注文しました。



注文をした時、店員さんが笑顔で「只今、店頭に置いてあるカボチャの重量当てクイズをしております☆」とか何とか言ってきました。
「是非、書いて下さいね!」と紙を2枚置いて去って行く店員さん。
あるぐさんはその紙で折り紙をしました。



そんなこんなで待っているとパスタのご登場。
運ばれてきたパスタは2人前はあるんでないの?ってくらい量が多かったです。
これは無理ゲー。絶対に食べきれない。



『残しても良いですかね…?』


「ああ、良いよ」


『すみませんねぇ…』


「残った分は食べるから気にしないで良いよ」



何度も書くけど、本当に食べ過ぎだろこの友人。
この3日間で友人の体重はきっと1キロは確実に増えていると予想。
出された物は食べるというのは素晴らしいことだと思いますけどね。



食後にはウーロン茶のサービスがあるらしかったのですが、あるぐさんの頭と耳と心臓がぶっ壊れそうだったので、申し訳ないですがお断りをして、お店を出ました。



友人が休憩時間も組み込んだ上で、スマホで帰りの電車の時間を調べてくれて、またタリーズへ行くボクたち。
この3日間で3度も訪れているよタリーズコーヒー。
スタバも煙草が吸えりゃあ良いのですけどねぇ。



店内は空いていて落ち着きました。
カフェラテを飲みながら、食後の煙草。
この3日間で少し食欲が戻ったのは良いのだけれど、消化機能が追いつかなくて苦しかったです。
タリーズには1時間くらいいたのかな。
特にこれといった会話は無く、どんどん灰になっていく煙草。
黙っていると友人に「何考えてるの?」と何度も聞かれたけれど、何も考えていませんでした。えへ。
あるぐさん、まったりしている時は基本的に脳みそ空っぽなんですよ。うん。



カフェラテを飲み終えた頃、そろそろ電車の発車時刻が迫ってきました。
煙草を消して、さぁ今度こそ帰りますか兵庫県。


前日みたいな不安発作は全く無く、寧ろ気分は清清しかったです。
うん。戻ろう家に。うん。帰ろう家に。



ってことで駅に向かい、切符を購入。
相変わらずお高いです。姫路までで1500円くらいしたかな。
友人も途中まで同じ電車だったので、一緒にホームで電車を待ちました。
ホームには赤いカーディガンの制服を着た女子高生がワラワラといました。
可愛い制服だにゃーと思った。岡山も中々やりおるね。


すると突然、変なメロディがホーム内を流れて、電車がやってきました。
個人的にそのメロディに爆笑しました。
でも岡山県ではこれが普通らしい。


電車に乗り込み、ドア付近に立って、景色を眺めました。
バイバイ岡山です。
しかしJR岡山駅を出発したら、途端に景色が田舎になるな。


ボーっと窓の外を見ていると、何駅目だったかは忘れましたが、友人の下りる駅に到着しました。
感謝を伝えてバイバイです。



『3日間もどうもありでした』


「はい。んじゃまた明日」


『へ?』


「いや、明日は財布買うんでしょ」


『あ、そうだった』



日付感覚が無いものだからスコンと抜け落ちていました。
そうだったそうだった。お財布お財布。やた。



友人が下りた後は座席が空いたので座り、またThe White Stripesを聴きました。
去り行く岡山県を眺めていたら、いつの間にか眠っていました。
んで、気付いたら播州赤穂で、気付いたら神戸で、気付いたら地元の最寄駅に到着していました。



なんだかんだで凄い疲れた。
ヘロヘロになった。
家に着いたら一気に疲労感がやって来て、パタリと倒れました。



でも本当に行って良かったです。


"リフレッシュ"なんて言葉じゃ足りないくらい、頭に風が吹き抜けた。


"気分転換"なんて言葉じゃ足りないくらい、流れる血液が清新された。



こうしてきびだんごの国への逃避行は幕を閉じるのでありました。



いやはや長くなったなぁ。


読んでくれた方、拍手をしてくれた方、コメントをくれた方、ありがとうね。
そしていつも拍手コメントの方にコメントをくれる方もありがとうね。
きちんと読んでいるからね。



さて、次回はついにお財布購入編でございます。



あの「3ヶ月間、処方箋を守りブログを更新生活」という鬼企画の報酬であるお財布。


死に物狂いで頑張ったあの生活。



その報酬であるお財布をついに買いに行くよ!



ではではまた良かったら読んで上げて下さいな。



いつも本当にありがとう。



【帰り道に友人から来たLINE】



「あるぐ歯ぎしり凄かったよ」




噛み殺したろかと思った。




んじゃばいにーっ。




↓参加中です。


メンタルヘルス ブログランキングへ
✯PROFILE✯

あるぐ

Author:あるぐ
 
リストカッターの解離分裂大炸裂な頭ゆるゆるとろろの脳髄記録。気まぐれ故のまったり更新。

初見様はカテゴリーの『はじめに』を読んで頂けると感謝です。が、バカみたいに長文なので注意。

✮ฺTHANKS ✮ฺ

▽ CATEGORY▽

❣❣ Thanks for the click ❣❣

✪BLOG RANKING✪⏪スマホの方⏩

⏪ PCの方 ⏩

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ ⏪ PCの方 ⏩

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

⏪ ⏪ リンク ⏩ ⏩

【笑う動物】をリンクする

✉お問い合わせ✉

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。